アリーア・ローザが元ロシア女スパイは嘘?インスタではカリスマ! | ぼぶたろう流儀
PR

アリーア・ローザが元ロシア女スパイは嘘?インスタではカリスマ!

スーパーレディのアイキャッチ雑記
記事内に広告が含まれています。
ぼぶたろう
ぼぶたろう

アメリカでモデル業のほか、広告会社を経営する凄い女性社長。なんと、自称?元ロシアのスパイ?とか。米芸能サイト「TMZ」や「東京スポーツ」でもとりあげられました。

元ロシアスパイ?人気インフルエンサーで豪邸暮らしの女性社長は誰?

ということで、過去に日本テレビ系列「世界まる見え!テレビ特捜部」で挙げられたことがあります。

一体誰なのか。答えを先に言ってしまうと、アリーア・ローザさんです。

自らロシアの元女スパイと言っており、インスタグラムといったSNSでは120万台のフォロワーもいるインフルエンサーでスーパーレディアカデミーの創設者です。

元スパイという肩書について、スパイ活動の内容をアリーア・ローザさんに尋ねると

スパイとして活動していた間にロシアでテレビ番組の司会をやっていたりと、矛盾ばかり・・・

一生懸命言い訳をしますが、それを知ってしまったフォロワーがどんどん離れていき、一時期は130万台だったフォロワーが去っていき、2022年12月時点では、129万のフォロワーがいます。

今回は、カンヌの「The Women Empowerment Influencer」を受賞したことがある、インスタのインフルエンサーであるアリーアローザさんを紹介します。

SNS総フォロワー数120万!自称元ロシアのスパイ?26億円豪邸暮らし女性社長の正体は?

SNS総フォロワー数120万!自称元ロシアのスパイ?26億円豪邸暮らし女性社長の正体は?

結論を先にお伝えすると、アリーア・ローザさん(@aliiaroza)です。

【プロフィール】
名前:Aliia Roza
生年月日:1984年5月18日(年齢:38歳)
出生地:ロシア(旧ソビエト連邦)

スーパーレディアカデミーの創設者です。

国連で女性会議(Women Empowerment conference)で発言されたりしています。

世界を代表する女性ですね。

そんな彼女ですが、自称(?)元ロシアのスパイ(?)とか。

ロシアのプーチン大統領が考案したトレーニングプログラムにおいて、「非常にストレスの多い状況下でも冷静な状態を保つ」方法を学んだそうです。

ぼぶたろうには無理ですね。

いずれにせよ、真偽は分からないですが、彼女自身が伝えた経歴をお伝えします。

スポンサーリンク

アリーア・ローザさんが伝えた経歴とは?

アリーア・ローザさんは、旧ソビエト連邦時代に生まれ、10代のときにロシアのスパイになることを余儀なくされたと言います。

ロシアでは、兵役に就かなければならないため、18歳で軍に入隊、銃の撃ち方や格闘技を習ったが優秀な成績を収めたため、スパイの養成機関で訓練を受けたとのこと。

スパイの任務として、犯罪組織の中に潜入したことがあり、スパイであることがバレた際には、その犯罪組織のボスに助けられたとか。

2006年にオリガルヒ(旧ソ連諸国の資本主義化の過程で形成された政治的影響力を有する新興財閥)の大富豪と結婚するが、そののち、夫が投獄され、刑務所で亡くなったことをうけて、恐怖のあまり彼女と自身の息子と共にロシアから脱出。

その後、フランス、イタリア、スイス、イギリスと渡り、現在はアメリカのビバリーヒルズの豪華な邸宅に住んでいて、ハリウッドのセレブたちと交流しています。

ちなみに、息子さんと撮った写真はこちらです。

カンヌのレッドカーペットにも登場

2022年5月18日に、カンヌで行われたWORLD INFLUENCERS AND BLOGGERS AWARDS 2022で、「The Women Empowerment Influencer」を受賞しました。

ちなみに、WORLD INFLUENCERS AND BLOGGERS AWARDS は、2019年から始まりました。

レッドカーペットを歩く姿がtwitterにありました。

カンヌのレッドカーペットで撮影に応じるアリーア・ローザさん
スポンサーリンク

まとめ

今回は、自称元スパイ?のアリーア・ローザさんについて紹介しました。

WORLD INFLUENCERS AND BLOGGERS AWARDSを受賞されたアリーア・ローザさんのように、ぼぶたろうも受賞したいな・・・・世界にまったく影響を与えていないから無理だけど(笑)

でも、2007年ロシアでテレビ番組の司会をしていたことが発覚したりと、辻褄が合わない点も。。

そういう、事実を突きつけても、自分で考えた物語を変えるつもりはないようです。

SNSフォロワー数獲得のためには、自己演出しなければならない、今はそんな時代かもしれません。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀