入浴剤は英語表記で何というの?種類によって異なります! | ぼぶたろう流儀
PR

入浴剤は英語表記で何というの?種類によって異なります!

お風呂場雑記
記事内に広告が含まれています。
ぼぶたろう
ぼぶたろう

「入浴剤」は英語で「Bath salt」、「Bath bomb」、「Bath oil」、「Bubble bath soap」というのですが、種類によって異なります。

入浴は自宅でできるボディケアの一つです。さらに、入浴剤には、泡風呂や湯船に浸かるだけで、体の芯から温まったり、肌の保湿効果を高めたり、リラックス効果があるものなど、さまざまな種類があります。

入浴剤は、日本では非常に人気のある商品ですが、英語圏ではどのように呼ばれているのでしょうか?

入浴剤にはさまざまな種類があり、それぞれに独自の効果があるため、英語での呼び名も異なります。

この記事では、「入浴剤は英語で何というの?」というテーマで、入浴剤について詳しく紹介し、英語での呼び名を解説します。

Bath salt(バスソルト)

バスソルトとは、入浴時に湯船に加える塩のことで、塩を主成分としている入浴剤のことを指します。海塩、岩塩、ヒマラヤ岩塩など、種類によって様々な効果があります。

バスソルトは、肌を滑らかに整える効果があります。また、温浴効果により血行を促進し、疲れを癒す効果も期待できます。

さまざまな香りや色が付いたバスソルトも販売されており、入浴時のリラックス効果を高めることができます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Bath bomb(バスボム)

バスボムは、入浴時に湯船に投入する球状で、発泡剤を使って泡立ちを良くした入浴剤のことを指します。

バスボムは、炭酸ガスの泡が発生して、多彩な色や香りを楽しめるため、バスタイムをより一層楽しくしてくれます。

リラックス効果を高めることができます。また、保湿効果も期待できるため、乾燥肌の方にもおすすめです。

スポンサーリンク

Bath oil(バスオイル)

バスオイルは、湯船に加える植物油やエッセンシャルオイルを使用した入浴剤のことを指します。

香りが豊富で、アロマ効果によりリラックス効果も高められます。

肌を保湿し、肌を柔らかくする効果もあり、リラックス効果もあるため、乾燥肌の方や疲れた身体を癒したい方におすすめです。

温浴効果による汗の分泌を促すため、デトックス効果も期待できます。

また、バスタブに入れる前に、直接肌に塗布することもできます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Bubble bath soap(バブルバスソープ)

バブルバスソープは、泡立て剤を使って泡立ちを良くした入浴剤のことを指します。

泡立ちが良いため、肌を傷つけることなく汚れを落とすことができます。

また、入浴時のリラックス効果を高めるため、香りや色が付いたものが販売されています。泡立ちが良いため、入浴剤としてだけでなく、シャンプーやボディソープ代わりにも使えます。

香りや色などのバリエーションが豊富で、バスタイムをより一層楽しめます。ただし、肌荒れを引き起こすことがあるため、敏感肌の方は使用に注意が必要です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

まとめ

日本語の入浴剤を英語では、「Bath salt」、「Bath bomb」、「Bath oil」、「Bubble bath soap」と種類によって使う言葉が異なることを紹介しました。

英語圏の方に説明する際や、あなたが英語圏に行った際に、本記事の「入浴剤」の英訳を使っていただけると嬉しいです。

いずれにせよ、英語の使用有無にかかわらず、リラックスした入浴タイムをお過ごしくださいね。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀