ブギウギ小夜モデル日本人初アカデミー賞のナンシー梅木? | ぼぶたろう流儀
PR

ブギウギ小夜モデル日本人初アカデミー賞のナンシー梅木?

ブギウギ小夜モデル日本人初アカデミー賞のナンシー梅木?ブギウギ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

朝ドラ「ブギウギ」に小夜のモデルが東洋人・日本人初アカデミー賞受賞のナンシー梅木ではないかと言われています。

福来スズ子の付き人として活躍する小夜。

福来スズ子とその楽団の解散と同時に付き人を辞め、米兵のサムと恋人となり・・・

そのあと渡米するのかな・・

朝ドラ「ブギウギ」に小夜のモデルが東洋人・日本人初アカデミー賞受賞のナンシー梅木と小夜役の富田望生さんについて解説します。

ナンシー梅木じゃなかったらごめんなさーい

ブギウギ主題歌ハッピー☆ブギは↓↓

楽天ブックス
¥1,500 (2024/02/19 09:40時点 | 楽天市場調べ)

ナンシー梅木、日本人初のアカデミー賞受賞


画像引用元:楽天

1958年、第30回アカデミー賞の助演女優賞を受賞したナンシー梅木。日本人として、そして東洋人として初のアカデミー賞受賞者であり、その功績は高く評価されています。

北海道小樽市で生まれ、ジャズシンガーとして活躍

ナンシー梅木は、1927年、北海道小樽市に生まれた。幼い頃から音楽に親しみ、10代の頃からジャズシンガーとして活動を開始します。

そのハスキーボイスと表現力は、多くの人々に支持され、日本を代表するジャズシンガーとなりました。

ハリウッドに渡り、映画『サヨナラ』で主演女優賞ノミネート

1955年、ナンシー梅木は渡米を決意します。

ハリウッドでチャンスを掴もうと、オーディション番組に出演し、その演技力で注目を集めました。

1957年、マーロン・ブランド主演の映画『サヨナラ』に出演し、主演女優賞にノミネートされます。

これは、日本人俳優として初のアカデミー賞ノミネートでした。

映画『サヨナラ』で助演女優賞を受賞

『サヨナラ』は、第二次世界大戦後の日本を舞台にした映画である。ナンシー梅木は、主人公の日本人妻役を演じました。

その演技は、アカデミー賞の審査員から高く評価され、見事助演女優賞を受賞しました。

受賞の瞬間とその後の活躍

ナンシー梅木のアカデミー賞受賞は、日本だけでなく世界中で大きなニュースとなりました。

彼女の功績は、日本人俳優の海外進出の道を切り拓くとともに、東洋人俳優の活躍に光を当てることになりました。

その後、ナンシー梅木はハリウッドで活躍を続け、数々の映画に出演しました。

また、テレビや舞台でも活躍し、アメリカで成功を収めました。

ナンシー梅木の功績と影響

ナンシー梅木は、日本人初のアカデミー賞受賞者として、その功績は高く評価されています。

彼女の活躍は、日本人俳優の海外進出の道を切り拓くとともに、東洋人俳優の活躍に光を当てることになりました。

小夜役の富田望生さん:ブレイクのきっかけは映画『ソロモンの偽証』

富田望生さんは、2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で、主人公の浅井松子役を演じ、一躍注目を集めました。

1万人のオーデションで主役を射止めた

富田望生さんは、オーディションに1万人が参加した中から主役を射止めた。彼女の繊細な演技は、観客の心を掴み、高評価を得ました。

富田望生さんは、多彩な役柄を演じ、演技の幅を広げています。

多彩な役柄を演じ、演技の幅を広げる

2019年には、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し、明るく元気な少女・なつを演じました。

小夜役の富田望生さんの魅力とは?

富田望生の魅力は、なんといっても演技力の高さである。彼女は、どんな役でも、その役になりきって、自然で説得力のある演技を見せます。

個人的な見解ですが、役に応じて体重を増やしたり減らしたりしてそうに見えます。。。

また、明るく前向きな性格も、彼女の魅力の一つである。彼女は、自身のSNSなどで、常に前向きなメッセージを発信しており、多くの人を勇気づけている。

朝ドラ「ブギウギ」福来スズ子(花田鈴子)役:趣里

大阪の銭湯の看板娘として花田鈴子は育ちます。

幼い頃から歌ったり踊ったりするのが好きが講じて、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)に入団します。

歌の才能が出てきた花田鈴子は、母親のアイデアで福来スズ子という芸名にして、歌手という道を進んでいき、のちに戦後のスターとなります。

福来スズ子のモデルは笠置シヅ子です。

笠置シヅ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

朝ドラ「ブギウギ」物語は?

大正時代の末期、大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘、花田鈴子は、歌って踊ることが大好きな明るく純真な女の子です。小学校を卒業した際、鈴子は、「歌と踊りで人々を笑顔にしたい」という思いを抱き、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団しました。一生懸命に稽古に励んだ鈴子は、急速に成長し、抜群の歌唱力で才能を開花させていきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、人気のある作曲家と出会い、鈴子の運命が大きく変わります。鈴子は作曲家の指導を受けることによって、「スウィングの女王」として知られる人気歌手になっていきます。

しかし、戦争が勃発すると、鈴子の状況は一変します。鈴子の歌っていた曲が「敵性音楽」と見なされ、彼女の舞台での歌や踊りは厳しく制限されてしまいます。さらに、鈴子の弟は徴兵され、ちょうどその頃、鈴子の母も病気で亡くなってしまいます。

悲劇が重なり、悩む鈴子の前に、とある青年が登場します。ふたりは恋に落ちて、やがて結婚を誓い合います。しかし、青年の家族は強く反対し、結婚は中々、実現しませんでした。そののち戦争が終わり、鈴子は青年の子を授かります。しかし、青年は病に倒れてしまいます。会うことができず、結婚も果たせぬまま、別れることとなりました。数日後、鈴子はひとりで娘を出産します。

鈴子は娘を育てながら一人で舞台で歌い続けます。そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」という曲です。明るく飾らずに、全身で歌うことが鈴子の真骨頂でした。戦後の傷ついた日本に、彼女の歌声が響き渡ります。鈴子の歌声に合わせて笑顔で歌い踊る人々が全国に広がっていきました。鈴子は「ブギの女王」と称され、日本の大スター歌手への階段を駆け上がっていきます。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/02/16 11:57時点 | 楽天市場調べ)

朝ドラ「ブギウギ」のキャストと相関図は?

朝ドラ「ブギウギ」の相関図は上のインスタをご覧ください。

また、キャストについては、

ブギウギキャスト一覧相関図!モデルの笠置シヅ子を紹介!

をご覧ください。

朝ドラ「ブギウギ」の吹き出しあらすじネタバレ紹介

当サイトでは、朝ドラ「ブギウギ」の吹き出しであらすじをネタバレ紹介しています。

ブギウギ今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

をご覧ください。

スポンサーリンク

ブギウギ小夜モデル日本人初アカデミー賞のナンシー梅木?まとめ

朝ドラ「ブギウギ」に小夜のモデルが東洋人・日本人初アカデミー賞受賞のナンシー梅木と小夜役の富田望生さんについて紹介しました。

福来スズ子のモデルになった笠置シヅ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。


最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブギウギ
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀