ブギウギ主題歌が気持ち悪い?なぜ怖いと感じる理由を解説 | ぼぶたろう流儀
PR

ブギウギ主題歌が気持ち悪い?なぜ怖いと感じる理由を解説

ブギウギ主題歌が気持ち悪い?なぜ怖いと感じる理由を解説ブギウギ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

朝ドラ「ブギウギ」のオープニングの主題歌は、その独特なリズムとメロディで多くの人々を魅了してきました。

でも、一部の人々にとっては、モノクロ人形が「気持ち悪い」と感じられることもあります。

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」の主題歌「ハッピー☆ブギ」のオープニング映像が、怖い、気持ち悪いと話題になっています。

この映像は、モノクロで撮影されており、人形たちがさまざまな動きをします。

また、主題歌のアップテンポな曲調とは裏腹に、どこか不穏な雰囲気も漂っている。

一体、なぜこの映像は怖いと感じる人が多いのか。

その理由を探るため、この記事では、オープニング映像の特徴や、怖いと感じる人の心理について解説します。

楽天ブックス
¥1,500 (2024/02/19 09:40時点 | 楽天市場調べ)

ブギウギ 主題歌の怖いポイントとは?

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」の主題歌「ハッピー☆ブギ」のオープニング映像が、怖い、気持ち悪いと話題になっています。

その理由は、以下の3つが挙げられます。

ブギウギ 主題歌の怖いポイント
  • モノクロ映像:オープニング映像は、モノクロで撮影されています。モノクロ映像は、色彩をなくすことで、対象物をよりリアルに、そして不気味に映し出すことができます。
  • 人形の動き:オープニング映像には、さまざまな人形が登場します。人形は、動きの自由度が限られているため、人間の動きを忠実に再現することは難しいです。そのため、違和感や不気味さを感じてしまう人が多いようです。
  • 音楽:オープニング映像では、主題歌「ハッピー☆ブギ」が流れています。この曲は、アップテンポで明るい曲調ですが、その一方で、どこか不穏な雰囲気も感じられます。この曲の雰囲気が、オープニング映像の怖さをさらに引き立てているのかもしれません。
スポンサーリンク

ブギウギ主題歌で怖いと感じる人が多いのはなぜ?

ブギウギの主題歌オープニング映像は、怖い、気持ち悪いと感じる人が少なくありません。

その理由は、以下の3つが挙げられます。

怖いと感じる人が多いのはなぜ?
  • 人形への恐怖:人形への恐怖は、幼児期によくみられる「トイボックス・恐怖症」と呼ばれるものです。この恐怖症は、人形が人間ではないにもかかわらず、人間の動きや表情を真似できることから、不気味さや恐怖を感じてしまうことが原因と考えられています。
  • ホラー映画の影響:ホラー映画や怪談話など、怖い映像や音に慣れ親しんでいる人は、モノクロ映像や不気味な動きに敏感に反応する傾向があります。そのため、ブギウギの主題歌オープニング映像を見た際に、恐怖を感じてしまうのかもしれません。
  • 個人の好み:人によって怖いと感じるかどうかは異なります。人形やホラー映画が苦手な人、あるいは、明るい曲調なのに不穏な雰囲気を感じてしまう人は、ブギウギの主題歌オープニング映像を怖いと感じる可能性が高くなります。
スポンサーリンク

ブギウギのオープニングの作者は誰?

ブギウギのオープニングの作者は牧野惇さんです。

東京パラリンピックの閉会式のプロデューサーもしていました。

牧野惇さん(1975年生まれ)は、日本の映像ディレクター、プロデューサーです。東京パラリンピックの閉会式のプロデューサーを務め、その演出が国内外で高い評価を受けました。

牧野さんは、大学卒業後、映像制作会社に入社し、CMやミュージックビデオの制作に携わりました。その後、フリーランスとして独立し、さまざまな映像作品を手掛けています。

東京パラリンピックの閉会式では、牧野さんは「多様性と調和」をテーマに、世界中の人々が共生する未来を表現しました。

式の冒頭では、障害の有無や国籍、文化など、さまざまな違いを象徴するパフォーマーが集い、ひとつの輪をつくりました。また、式の最後には、世界中の子どもたちが手をつないで、未来への希望を表現しました。

この演出は、障害の有無や国籍、文化などの違いを乗り越え、共生する社会の実現を目指すパラリンピックの理念を、力強く表現したものとして、高く評価されました。

ドラマ×プリンセスカフェ
¥1,100 (2024/01/10 15:42時点 | 楽天市場調べ)

怖い。。気持ち悪いといわれている人形の作者は誰?

ブギウギのオープニングで使用されている人形の作者は八代健志(やしろ たけし)さんです。

八代健志さんは、1969年秋田県生まれのアニメーション監督・アニメーターです。

1993年に東京藝術大学デザイン科を卒業後、CM制作会社太陽企画に入社。CMディレクターとして活躍する傍ら、様々な手法のアニメーションをCMやwebムービーに取り入れて制作してきた。

2012年頃から本格的に人形アニメーションの制作を開始。手触り感のある映像を追求し、2020年には、童話「ごん狐」を原作とした人形アニメーション映画『劇場版ごん』を監督・脚本・美術・木彫・アニメートで手掛け、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

また、2022年には、人形アニメーション映画『眠れない夜の月』を監督・脚本・アニメーションで手掛け、第27回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞しました。

八代健志の作品は、手作りの温もりと、繊細で美しい映像が特徴である。彼の作品は、国内外で高い評価を受けており、日本のアニメーション界を代表する監督の一人として注目を集めている。

以下に、八代健志の主な作品を挙げる。

  • 劇場版ごん(2020年)
  • 眠れない夜の月(2022年)
  • ノーマン・ザ・スノーマン 流れ星のふる夜に(2023年)
  • プックラポッタと森の時間(2024年)

八代健志さんの作品は、ぜひ一度ご覧いただきたいです。

スポンサーリンク

結論:ブギウギ主題歌で怖いと感じたら、無理に見ることはない

ブギウギの主題歌オープニング映像は、怖い、気持ち悪いと感じる人が多いようです。

もし、あなたもそう感じたのであれば、無理に見ることはありません。主題歌を聴かずにドラマを視聴しても、十分に楽しむことができます。

また、冒頭でも述べたように、この映像はモノクロで撮影されているため、カラーで見ると印象が変わるかもしれません。カラーでもう一度見てみるのもよいでしょう。

当ブログでは朝ドラ「ブギウギ」についての記事があります。

こちらも併せてごらんください。

楽天ブックス
¥1,500 (2024/02/19 09:40時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ブギウギ
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀