カルメ焼き作り方は?らんまん:かるやき槙野万太郎の好物 | ぼぶたろう流儀
PR

カルメ焼き作り方は?らんまん:かるやき槙野万太郎の好物

牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル大泉学園
牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル
記事内に広告が含まれています。
ぼぶたろう
ぼぶたろう

朝ドラ「らんまん」で時々登場する「かるやき」、別名カルメ焼きについてレシピなど調べました。

NHK朝の連続テレビ小説らんまんで登場する「かるやき」は、日本古来の駄菓子で、砂糖を主原料とした菓子の一種です。

直径10センチほどの円形のものや、一口でパクッと食べられる棒つきのものなど、形はさまざまです。

濃厚な甘さとサクッとした食感が特徴で、カラメルのような焦げ砂糖の香ばしい風味があります

ドラマの中では、万国勧業博覧会の屋台や、屋台の実店舗である白梅堂で度々出てきます。

らんまんの主人公である槙野万太郎は、甘いものが大好きなので、万太郎の東京のお菓子といえば「かるやき」なんでしょうね。

今回はかるやきの作り方について調べました。

かるやきに興味ある方 >>>「かるやき」を楽天市場で見てみる

カルメ焼き(かるやき)とは?

カルメ焼き(かるやき)は、諸説ありますが、ポルトガルから日本へと伝わったお菓子です。16世紀にはポルトガルの船乗りたちがこの甘いお菓子を持ち込み、日本で受け入れられました。その後、日本で発展し、伝統的なお菓子として愛されるようになりました。

カルメ焼き(かるやき)の特徴的な点は、ザラメと重曹の化学反応によって膨らむことです。焼き上げると、サクサクとした食感が楽しめます。その濃厚な甘さと風味は、多くの人々を魅了しています。

カルメ焼き(かるやき)は一口サイズなので、手軽に食べることができます。その小さなサイズ感から、バラエティに富んだ食べ方を楽しむことができます。お茶うけとしての活用もおすすめです。

カルメ焼き(かるやき)は、簡素な材料と手順で手作りすることができます。一般家庭でも気軽に楽しむことができるため、手作りの醍醐味を味わうことができます。家族や友人と一緒に作る楽しみや、アレンジの自由さも魅力のひとつです。

カルメ焼き(かるやき)の作り方は?

カルメ焼き(かるやき)の作り方は以下の通りです。

カルメ焼き(かるやき)の材料

砂糖:100g
水:50ml
重曹:少々

カルメ焼き(かるやき)の調理方法

カルメ焼き(かるやき)調理方法は以下の通りです

  1. 砂糖と水をお玉に入れ、中火で加熱する。
  2. 砂糖が溶けたら、弱火にして、泡立て器でかき混ぜながら加熱する。
  3. 砂糖液が茶色くなり、泡立ちが弱くなったら、火から下ろす。
  4. 重曹を少量ずつ加えながらかき混ぜる。
  5. 泡立ち始めたら、冷ます。
  6. 冷めたら、お玉から取り出す。

調理器具は、お玉で十分ですが、道具からこだわりたい方は↓こちら↓をどうぞ。

スポンサーリンク

カルメ焼き(かるやき)は売っているの?

カルメ焼き(かるやき)の調理方法を見て面倒だ・・・と思った方!

何とカルメ焼き(かるやき)はネットで買うことができます!

職場などの話のネタとして購入してみてはいかがでしょうか。

特に、あなたのまわりに「らんまん」を見ている方がいらっしゃったら

是非、話のネタとして買ってみてください。

ぼぶたろう
ぼぶたろう

朝ドラ「らんまん」のモデル牧野富太郎博士やドラマのあらすじを知りたい方は
槙野万太郎のモデル牧野富太郎博士の父母や妻や子供と経歴は?
をご覧ください

まとめ

身重の寿恵子が手を使わずに直接口でパクリと食べる寸前の写真。万太郎が初めて白梅堂にいったとき、万太郎が手を使わずパクリとした様子を真似たエピソードがあります。


今回は、NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」の「かるやき」ついて、概要や作り方や商品の紹介いたしました。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

🌸らんまんを本でみるならドラマガイドで↓↓

スポンサーリンク
大泉学園
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀