PR

差配人・店子?長屋とアパート大家・入居者の意味の違い?

牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル大泉学園
牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

朝ドラ「らんまん」東京編が始まりました。十徳長屋の「差配人」ってなんだろう・・

NHK朝のテレビ小説「らんまん」東京編で十徳長屋に住む槙野万太郎と井上竹雄。

安藤玉恵さん演じる十徳長屋の差配人:江口りんが登場しますが、「差配人」について調べてみました。

​差配人は「借地や借家を所有者に代わって管理する人のことで、家守とも呼ばれます。管理を行い、家賃の定額や修繕などの業務を担当します。店子の世話役でもあります」とされています。

ちなみに、槙野万太郎と井上竹雄は店子になりますが、店子とは借り手のことを指し、長屋に住む人々が店を営むことが多かったため、その店の主人を指すことが多かったようです。

そして時が流れ、明治時代の終わりになり、家主の具合が悪くなり一緒に住もうと決心した江口りんは、槙野万太郎の次女:千歳に十徳長屋の差配人の役目を継承します。

本記事では、「差配人」と「店子」について、また「差配人」と「大家」の違いについて詳しく解説します。

楽天ブックス
¥13,376 (2024/07/16 15:35時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

差配人と店子について

差配人と店子は、古くから日本の賃貸住宅や商業施設において重要な役割を担ってきました。

差配人は、物件の所有者に代わって物件の管理を行い、家賃の徴収や修繕、入居者の募集やトラブル対応など、物件全体の管理を担当します。

一方、店子は、物件を借りて居住や商売を行う人を指します。ここでは、差配人と店子について詳しく見ていきましょう。

差配人とは?

差配人は、古くから存在する職業のひとつで、借地や借家を所有者に代わって管理する人のことを指します。差配人は、物件の管理業務を行うことで、所有者の負担を軽減し、物件の維持管理を行います。

具体的には、家賃の徴収、入居者の募集や管理、修繕や清掃など、物件全体の運営に関わる業務を担当します。また、入居者とのトラブル解決や、法律や契約に関するアドバイスも行います。

差配人に求められるスキルとしては、物件管理に関する知識や、人とのコミュニケーション能力が挙げられます。また、契約の交渉やトラブル解決には、法律に関する知識や経験も必要となります。

店子とは?

店子とは、物件を借りて居住や商売を行う人のことを指します。店子は、差配人と契約を結び、家賃を支払い、物件を借りることができます。店子が契約を破った場合には、差配人がトラブル解決にあたることになります。

店子に求められるスキルとしては、商売や生活のスキルが挙げられます。店子が商売を行う場合には、商品の仕入れや販売戦略、接客などが求められます。また、住居として借りる場合には、日常生活の管理や清掃なども必要です。

主題歌「愛の花」をチェックする↓↓

楽天ブックス
¥1,064 (2024/07/16 23:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

差配人と店子の関係性

差配人と店子は、共に物件を利用する立場にあります。

差配人は、物件の管理を行うことで、店子の快適な生活をサポートする役割を果たします。店子が快適に生活できるように、日々の生活に必要な設備の維持管理や修繕、清掃などを行います。また、トラブルや問題が発生した場合には、迅速かつ適切な対応が求められます。

一方で、店子は物件を借りることで、そこで暮らすための場所を提供されるという利益を受けます。店子は、家賃を支払うことで、物件を利用する権利を得ます。そのため、店子は借りた物件を適切に使用し、管理人の指示に従って必要な手続きや報告を行うことが求められます。

また、差配人と店子は、契約書に基づいて、借り手と貸し手としての法的な関係を持っています。差配人は、所有者の代理人として契約を締結し、店子はその契約に同意して物件を借り入れます。契約内容には、家賃や退去時の注意事項、敷金や礼金の返還条件、修繕責任の分担などが含まれます。店子は、契約内容を理解し、守ることが重要です。

さらに、差配人と店子は、お互いに信頼関係を築くことが大切です。差配人は、店子が安心して生活できるように、常に親身になって対応することが求められます。また、店子も差配人の指示に従い、コミュニケーションを取りながら問題を解決することが重要です。

以上のように、差配人と店子は、物件を利用する上で重要な関係性を持っています。差配人は、物件の管理を通じて店子をサポートし、店子は契約内容を守りながら、物件を適切に利用することで、お互いに良好な関係を築いていくことが求められます。

スポンサーリンク

昔の長屋の差配人と現在のアパートの大家との違いは?

昔の長屋における差配人と、現在のアパートの大家とは、役割や権限、物件管理の方法などに違いがあります。

まず、昔の長屋における差配人は、一つの長屋全体を管理する役割を担っていました。長屋は一つの建物内に複数の住戸があり、差配人はその建物全体の管理を行い、住人の生活全般に関わる問題を解決することが求められました。そのため、差配人は住人との信頼関係を築き、住人の生活や人間関係のトラブルを解決することが重要でした。

一方、現在のアパートの大家は、単一の物件の所有者であり、その物件の管理や運営を行うことが主な役割となります。アパートには複数の住戸があるため、各住戸の管理や入居者とのトラブルについては、個別に対応することが求められます。また、大家は物件の維持管理や修繕、家賃の徴収などの業務を行い、賃貸経営を行うことで収益を得ることが目的となります。

また、昔の長屋における差配人は、住人たちが共同で利用する場所や設備の管理も行いました。例えば、共同の厠や風呂、共用スペースなどの掃除や維持管理を行い、住人たちが快適に過ごせるように努めました。一方、現在のアパートでは、共用部分の管理や維持管理は大家が行いますが、個々の住戸内については、入居者が自己責任で管理することが一般的です。

さらに、昔の長屋における差配人は、住人たちの生活や健康面についても責任を持っていました。例えば、住人の病気や怪我の手当て、出産や葬儀などについても差配人が関与することがありました。一方、現在のアパートでは、入居者は自己責任で生活を行い、健康面についても個人で責任を持つことが一般的です。

以上のように、昔の長屋における差配人は、管理業務に加えて、住人たちとの生活全般に関わることが多く、社会的信用や人脈を必要とされる職業でした。その一方で、現代のアパートの大家は、賃貸物件の経営に専念することが一般的で、人との関わりや社会的信用はあまり求められなくなっています。

また、昔の長屋においては、差配人は住人たちの悩みや相談に乗り、支援することが求められることもありました。一方、現代のアパートでは、大家と借り手との間に専用の契約書があり、そこに基づいて管理が行われることが多いため、借り手との関係もあまり深くならない場合が多いです。

さらに、昔の長屋の差配人は、賃貸物件の所有者と直接契約を結び、その代理人として業務を行っていました。それに対して、現代のアパートでは、不動産会社が所有者と契約を結び、その代理人として管理業務を行うことが一般的です。このため、アパートの大家は、不動産会社との契約に基づき、賃貸物件の管理を行うことが求められます。

以上のように、昔の長屋の差配人と現代のアパートの大家との間には、社会的役割や業務内容、借り手との関わり方、契約の形態など、多くの違いがあります。しかし、共通する点としては、両者ともに賃貸物件の管理を行い、住人たちの安心できる生活をサポートすることが求められるということです。

ぼぶたろう
ぼぶたろう

「差配人」をNHK朝の連続テレビ小説「らんまん」で知りました。
らんまんの槙野万太郎こと牧野富太郎博士については
槙野万太郎のモデル牧野富太郎博士の父母や妻や子供と経歴は?
をご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

「差配人」と「店子」について、また「差配人」と「大家」の違いについて詳しく解説しました。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

🌸らんまんを本でみるならドラマガイドで

🌸前編↓↓

楽天ブックス
¥1,320 (2024/07/18 17:08時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

🌸後編↓↓

楽天ブックス
¥1,210 (2024/07/18 17:08時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大泉学園
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀