ササユリの花言葉や由来は?らんまんの概要・あらすじも! | ぼぶたろう流儀

ササユリの花言葉や由来は?らんまんの概要・あらすじも!

牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル大泉学園
牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル
本ページには広告が含まれています
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」第4週タイトルになっている「ササユリ」について調べました。

ササユリは、ユリ科ユリ属の植物で、学名はLilium japonicumです。日本固有種で漢字で書くと笹百合です。

日本の山野に自生するユリ科の多年草の植物です。本州の中部地方から九州にかけて分布し生息しています

開花時期は、6 月~7 月で低山地の疎林や草地などで芳香のある淡い桃色から白色の花を咲かせます。

今回は、ササユリについて、花言葉や由来や、NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」第4週の週タイトルにもなりましたので、そのあらすじとして概要を紹介します。

日本固有種のササユリの概要と特徴

■ササユリ
学名:Lilium japonicum
和名:笹百合
その他の名前:ヤマトユリ
科名 / 属名:ユリ科 / ユリ属

ササユリは、ユリ科に属する多年草で、日本全国の山野に自生しています。

ササユリは、高さが50cm〜150cm程度に成長し、葉は披針形で、互い違いで、厚みは厚く、茎にはたくさんの葉がつきます。

花は淡いピンク色または白色で、直径が10cm程度あります。

花弁は6枚あり、中心に黄色いしべと蜜をつけます。

花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)です。

森林減少と環境変化と乱獲により、数を減らし続けていています。

一部地域では絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

ササユリの分類と生息地

ササユリは、ユリ科のユリ属に分類されます。

ササユリは、本州の中部地方から九州にかけて多く見られる多年草の植物です。

ササユリの花言葉と由来

ササユリは、美しい花姿と清楚な花言葉で知られています。花言葉は、

「上品」、「清浄」、「希少」

があります。また、和の美を表す花としても有名で、日本の伝統的な風景には欠かせない花のひとつです。

ササユリの「ササ」は「笹の葉」から由来しています。

また、学名のLilium japonicumについて、Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からマドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。

japonicum は「日本の」という意味です。

地域によっては、ヤマユリと呼ぶこともある

スポンサーリンク

ユリ科の仲間たちとの違いと共通点

ササユリは、ユリ科の中でも比較的小型であり、ユリ科の代表的な花である百合やカンボクなどと比べると、茎も細く、花も小さいため、目立ちにくい存在です。また、ユリ科の花は全体的に芳香がありますが、ササユリはあまり香りを持ちません。

ただし、ササユリの花粉は強い刺激を与えるため、花粉症の方は注意が必要です。

一方、ユリ科の仲間たちとの共通点は、花弁が6枚あることや、茎が中空であること、球根からの発芽などです。

また、ユリ科の花は古くから人々に愛され、日本の文学や文化にも多く登場しています。

スポンサーリンク

日本の植物分類学者の父:牧野富太郎博士とは?

牧野博士は、当時日本に生息する植物を徹底的に研究し、多くの新種の植物を発見しました。

また、その研究成果をまとめた『新日本植物図鑑』は、日本の植物学に大きな貢献をした書籍として知られています。

ぼぶたろう
ぼぶたろう

牧野富太郎博士については【槙野万太郎のモデル牧野富太郎博士の父母や妻や子供と経歴は?】をご覧ください。

スポンサーリンク

らんまん第4週ササユリのあらすじ・概要を振り返る

東京から高知に帰ってきた万太郎(神木隆之介)は、道すがら自由について演説をする男(宮野真守)を見かける。

帰宅した万太郎は峰屋の面々に博覧会の報告をするが、当主らしく立派になった姿に、綾(佐久間由衣)、市蔵(小松利昌)たちも安堵(ど)するのだった。

さらに万太郎はタキ(松坂慶子)に植物の研究はやめると告げる。しかし、竹雄(志尊淳)は万太郎の本心に気づいていて…

Yahoo!テレビ.Gガイドより引用

ぼぶたろう
ぼぶたろう

万太郎は東京から戻ってきました。初めて故郷を離れて長旅からもどってきました。

(東京から帰ってきた万太郎と竹雄を綾・たまが港で出迎える)

万太郎の東京の感想は、東京はひろくてにぎわっていた。

竹雄は、東京と高知は月とすっぽん、高知はすっぽんじゃと例えた。

それを聞いた綾、港の賑わいでもすっぽんかとしる。。わたしも行きたかった!博覧会のよその酒はどうじゃったと聞くと、

竹雄から、うまかったことを報告。

(港の近くで講演会に遭遇する万太郎たち)

声明社のリーダ早川逸馬が「租税を納める人民こそ、政治に参加する権利がある!そしてその権利は男も女も平等だ」と論じると、群衆の一人楠野喜江が「わしは主人を早く亡うなってきてき、戸主として税金を払ている。女のあてにも政治に参加する権利があるはずじゃ!武士も町人も平等というなら、女のあたいにも権利をくれ」と言う。

演説会が終わる。楠野喜江が綾に近づいて、次回の演説会きてと綾に言う。

(タキ、万太郎、竹雄3人で話す)

タキにお土産を渡す万太郎。植物学はきっぱりと止めると告げる。

腑に落ちないタキ・・、竹雄が東京で万太郎に「若が峰屋を放り出したら、どうしたらえいがですか。わしらを捨てるのか」と言ったことを思いだす。

荷解きをする万太郎。購入した本を見つめ、顕微鏡の箱を開ける万太郎、博物館の研究室ことを思い出す。。。すぐに箱を閉じる。そして植物学を忘れようと顕微鏡を物置の奥の隅にしまってしまう。

そんな中、万太郎に呉服店からの縁談の話がやってくる。
ふじがご呉服商のお嬢さまですか。けっこうなお話と思いますよ。どんな娘御か、のぞきにまいりましょう。というと、タキは「はしたない・・」と。


そのような話をしている途中、竹雄がタキの所にやってきて、
竹雄が若旦那の事でお話が。

竹雄(志尊淳)は東京滞在中に、万太郎(神木隆之介)を追い詰めてしまったことを悔いていた。

竹雄から話を聞いたタキ(松坂慶子)は、万太郎の植物への情熱を改めて思い知り、ある決心を固める。

その決心とは、万太郎と綾(佐久間由衣)を夫婦にすることだった。タキから話を聞いた二人は、受け入れられるはずもなく…綾は家を飛び出してしまう。

Yahoo!テレビ.Gガイドより引用

ぼぶたろう
ぼぶたろう

竹雄が若と東京でケンカし植物と峰屋の人間を天秤にかけて
「わしらを見捨てる気か!」と問いただしたこと、そして佐川に帰ってきてから万太郎が練る様子もなくぼーぅとしていることをタキに報告

後日、竹雄が障子越しで聴き耳を立てながら、万太郎と綾の前で
タキが万太郎と綾にねぎらいの言葉を掛けつつ、2人が峰屋を支えて欲しいと

「おまんら二人夫婦になれ」


綾はタキの忘れ形見で本家で引き取ったまだ、万太郎が生まれたばかりで、無事に育つかわからず明日にも亡くなるかもしれない頃に。

本家に子が絶えたら、分家の誰ぞが当主になり、峰屋本家も途絶える。ヒサもそれをわかって綾の母親になってくれた。万太郎に何があっても、綾が婿を取ったら、何とかなる。

祝言は夏のうちに執りおこない、蔵人らが来る前に終わらせる事を万太郎と綾に伝える。

綾は万太郎は弟なので、無理。私だって好きな人いたよといって部屋からでる。


(部屋から出た綾、あたふたした竹雄とすれ違う。)


万太郎が姉ちゃんが可哀想じゃというと、タキは、お前にはわからん。家の中で立場のないおなごがどれだけみじめなのかというと、万太郎は、わしが守る。わしが強い当主となる。誰にも文句は言わせん。そんでええじゃろ。姉ちゃんだけは、犠牲になるのは・・わし一人で沢山じゃ。

(家を出た綾・・放心状態になり街中の人に声を掛けられても返事をせず・・どっかに行ってしまう。)


竹雄が聞き耳をたてていたことを万太郎に謝ると、万太郎はそれなら話が早いと、好きじゃいうて、姉ちゃんに言うてこい。今いわんと・・姉ちゃんがどうなるかわからんと言う。

竹雄は奉公人、お嬢様とは立場が違うというと、

万太郎は、竹雄がただの奉公人だったら、こんなこと言わない。。東京で言われた事をそっくり返す。竹雄、姉ちゃんを幸せに・・

竹雄:わしじゃち、


とやりとりをしている間に、たまから綾がいなくなったことを知り、万太郎と竹雄が綾をさがしに家をでる。

万太郎が街人に綾が行った方向を聞き追いかける。一方、綾は急いで逃げるように走っていく。

万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)は、綾(佐久間由衣)を探しに高知へと向かう。

綾がいたのは、自由民権運動の結社「声明社」の集会場。

集会では、リーダーの早川逸馬(宮野真守)が観衆の楠野喜江(島崎和歌子)たちに、国民の自由と権利について訴えていた。

ひょんなことから演台に上げられた万太郎は、草花の力強さについて話し始める。

Yahoo!テレビ.Gガイドより引用

ぼぶたろう
ぼぶたろう

家を出た綾は、・とある村に着くが幸吉がおりそのそばに寄り添う妻が・・・ショックを受ける

そのあと綾が転びササユリを見つける。

自由民権運動が高知で過熱していた。万太郎と竹雄が演説会場へいくと案の定、綾がいた。

早川が演説中に万太郎が「違う」と声をあげて、登壇させられ、草には皆一つ一つ名前があるなどを力説する


そんな、万太郎、「自由」は何か?と早川逸馬に問う

「自由」とは何かを知りたい万太郎(神木隆之介)は、綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)を残し、早川逸馬(宮野真守)が率いる「声明社」へと向かう。

互いに語り合う中で、万太郎のことをますます気に入った逸馬は、ある人物のもとへ万太郎を連れていく。

そこにいたのは、ジョン万次郎(宇崎竜童)だった。一方、綾と竹雄は高知で夜祭に参加。綾は竹雄に心の内を明かす。

Yahoo!テレビ.Gガイドより引用

ぼぶたろう
ぼぶたろう

今までが傲慢だったので「自由」になりたい万太郎。早川逸馬から土佐で有名人である中濱万次郎を紹介してもらう。


中濱万次郎は「自由」が憎んでいると万太郎に伝える。そして、中濱万次郎。実は、ジョン万次郎(ジッパ・ニゼ)だった。びっくりする万太郎


一方、宿に行く前に寄り道して高知の祭りに行く、竹雄と綾、よしや節を変な踊りだと言いながら一緒に楽しく踊る

逸馬(宮野真守)と共に、ジョン万次郎(宇崎竜童)のもとを訪れた万太郎(神木隆之介)。

「人の一生は短い。後悔はせんように」という言葉が、胸に深く刺さる。

決意を新たにし、心を奮い立たせる万太郎に、万次郎はある物を贈る。

一方の綾(佐久間由衣)は、大きな決断を下す。竹雄(志尊淳)はそんな綾と万太郎を一生支えると誓うのだった。

Yahoo!テレビ.Gガイドより引用


ぼぶたろう
ぼぶたろう

万太郎が漂巽紀畧を読んだことを万次郎につたえる。

万次郎は日本から帰ってくると幕府からスパイ扱いにされ、自分だけが果たせる務めができなかった為、帰らなかった方がよかったと後悔する。そして老いて、捕鯨船乗りたいが老いて乗れないという。だから自由を憎む。

万太郎は万次郎からシーボルトが日本の植物を調べた本を見させてもらう。その本を見て季節ごとに描いて無く外国人が日本の植物を明らかにできないから、自分がやると心に決める。


一方、綾と竹雄は祭りを楽しんだあと、竹雄が綾の為に東京で買ったお土産のくしを綾に渡そうとするが、峰屋に拾われみなしごにならなかった綾の言葉で遮られタイミングが悪く渡せなかった。若と綾のそばに居て綾が嫁いで峰屋を出ても一生守ると誓う

ヒメアジサイは牧野記念庭園でみることができます。

らんまん第4週ササユリ!ネタバレ注意まとめ動画

ササユリの週のまとめ動画です。だいたい2分でわかります。

\「らんまん」見逃し配信ならU-NEXT!/
/31日間無料トライアル有\

紹介している作品は、2023年7月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマの裏側も見ちゃいましょう!ササユリのらんまん観察日記

ササユリの週に関する撮影の裏側やオフショットを見てみましょう。

夏祭りのシーンなのに、実際に撮影したのは真冬とは・・

寒い上に、息が白くなったりしないよう、色々工夫されたのでしょうね。

そして、万太郎が早川逸馬に突撃インタビュー!!

土佐ことばと演説と宮野さんは苦労されたようで・・神木さんはカミカミ・・

あと明治時代にロックスター??とはww

宮野さん、神木さんのことマジ天使ってww

\「らんまん」見逃し配信ならU-NEXTで!/
/31日間無料トライアル有\

🌸らんまんを本でみるならドラマガイドで↓↓

スポンサーリンク

まとめ

ササユリは、日本原産のユリ科植物で、希少な和の美を纏った清楚な花言葉を持つ美しい花です。

日本の自然の中で見られる美しい花の一つであり、その清楚で上品な花姿や花言葉から、多くの人々に愛されています。

らんまん第4週の週タイトル「ササユリ」のあらすじ・概要も併せてお知らせしました。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
大泉学園
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀
タイトルとURLをコピーしました