PR

虎に翼ネタバレ9週あらすじ吹き出し男は度胸、女は愛嬌?

朝ドラ「虎に翼」ネタバレあらすじ!吹き出しで紹介!来週・明日・今日どんなかんじかな?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」のネタバレあらすじ第9週を私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

虎に翼ネタバレ週あらすじ吹き出し

第9週の週タイトルは

「男は度胸、女は愛嬌?」です。

来週の虎に翼の第9週「男は度胸、女は愛嬌?」について

ぼぶたろうの吹き出しや感想を交えて紹介いたします。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天ブックス
¥1,430 (2024/05/19 23:18時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」41話

昭和20年。東京大空襲で多くの人が被害に遭う。寅子(伊藤沙莉)と娘・優未、花江(森田望智)と子どもたちは疎開先で空襲を逃れるが、空腹に耐えながら必死に暮らす家族のもとに悪い知らせが届く。

やがて、終戦。弟・直明(三山凌輝)が帰って来る。久しぶりの再会に大喜びする猪爪家だったが、直明は大学へは行かず、すぐにでも家族のために働きたいと言いだす。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

空襲により花江の両親が亡くなってしまい、さらに直道が戦争で亡くなってしまい、俺にはわからなかったと霊になった。
 
登戸火工は軍事需要のおかげで儲かっていたが、敗戦を期に経営悪化に、それに比例するように直言も体調を悪化し、着物など売って、闇市で食料調達し何とか空腹に耐え忍んでいた。
 
そんな最中、岡山から直明が帰ってきた。

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」42話

直言(岡部たかし)の体調が優れない。

寅子(伊藤沙莉)と直明(三山凌輝)はマッチ製造の仕事を紹介してもらい、はる(石田ゆり子)と花江(森田望智)は繕い仕事をすることでなんとか生活していた。

寅子はかつて世話になった雲野(塚地武雅)の事務所を訪ねてみるが、雲野も苦しい生活をしているようだった。そんななか、直言がある重要な知らせを寅子たちに隠していたことが発覚する。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

直明は大学進学を断念し、家族のためにはたらくため、寅子といっしょに直言の工場でマッチ製造補助の仕事をし始め、はると花江は家事をしながら繕いの内職をしていたが、貧しい状態は変わらず、優三さんも戻らないまま時間が過ぎて行った。

 
弁護士としての活動ができない寅子、敗戦から1年後の秋、直言が倒れてしまい、そのはずみで写真立ての裏側に優三が亡くなった旨が掛かれた告知書を寅子がみてしまい、現実を受けられないでいた。

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」43話

直言(岡部たかし)は栄養失調と肺炎でもう長くはないと診断される。

直言が大事なことを隠していたと知った寅子(伊藤沙莉)の様子がおかしいが、はる(石田ゆり子)や直明(三山凌輝)も声がかけられない。

それから直言はみるみる衰弱。

自分が長くないと悟った直言は家族を枕元に集める。

直言の身勝手な言葉に怒った花江(森田望智)は、寅子にきちんと怒って向き合ってほしいと頼む。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

ある日、直言は家族を呼び出し、優三の告知書を隠したことについて寅子の手をとり「ごめぇん」と謝罪し、「トラは俺の誇り、宝物だから」というと直言の手を握り返し、数日後、直言は静かに亡くなっていった。
 

[]

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」44話

これまでの後悔と秘密をすべて打ち明けて、直言(岡部たかし)は安らかに亡くなった。

寅子(伊藤沙莉)は何事もなかったように生活を続けようとするなか、はる(石田ゆり子)は寅子にお金を渡す。

花江(森田望智)もはるも悲しみを乗り越えるため、好きなことに使ったのだと言う。

闇市をさまよい、優三(仲野太賀)と一緒に食べた焼き鳥を思い出す寅子。

優三が自分にかけてくれた言葉がよみがえってくる。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

ある日、優三の最期を知る男が寅子のもとに訪ねてきて、復員を待つ収容所の病室のベットの隣りであり、寅子お手製のお守りを持って帰ってくれたが、優三が亡くなったことに向き合わなくなっていおり、はるがお金を渡し、「優三さんが亡くなったことと向き合いなさい」と進言する。
 
途方もなく、寅子は闇市に行き焼き鳥を買い、包み紙のの新聞紙に注目するとそこには新しい「日本国憲法」のタイトルが書かれていた。

朝ドラ「虎に翼」第9週「男は度胸、女は愛嬌?」45話

寅子(伊藤沙莉)の目に飛び込んできたのは新しい「日本国憲法」の記事だった。

そこには「すべての国民は法の下に平等である」と書かれており、寅子は次第に力が湧いてくるのを感じる。

立ち上がった寅子はさっそく家族会議を開き、そこで直明(三山凌輝)が大学へ行くこと、もう一度自分が仕事を探すことを提案する。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と書かれた文字に武者震いする寅子、そして、優三が「トラちゃんにできるのはトラちゃんの好きに生きることです。」と言っていたことを思い出し号泣する寅子。
 
その晩、家族を集めて「私の幸せは、私の力で稼ぐ床、自分がずっと学んできた法律の世界で!」と宣言をし、大学進学を断念した直明にも学費を稼ぐから進学するように伝えた。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」のあらすじは?

当サイトでは「虎に翼」のあらすじを紹介しています。

>>>朝ドラ「虎に翼」あらすじ一覧

をご覧ください。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/05/17 02:23時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

虎に翼ネタバレ9週あらすじ吹き出し!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀