PR

虎に翼今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

虎に翼今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!最新・今日・明日・今週・来週は?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」について今後のあらすじを私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介するネタバレ一覧です!

朝ドラ「虎に翼」の今後のあらすじを吹き出しで紹介します。

猪爪寅子のモデルになった、三淵嘉子の物語のあらすじを

私、ぼぶたろうの吹き出しによるネタバレ一覧を紹介いたします。

最新・今日・明日・今週・来週の

朝ドラ「虎に翼」のあらすじの概要をまとめました。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天ブックス
¥1,430 (2024/07/15 10:41時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「虎に翼」今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじ一覧です。

虎に翼今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

週タイトルあらすじ
1女賢しくて牛売り損なう?主人公の寅子(伊藤沙莉)は女学校を卒業し、親の決めた御見合いをさせられるも、女性は結婚し家庭に入るのが当然という時代の空気に漠然と違和感を感じていた。ある日、下宿人の優三(仲野大賀)が通う大学の教室に届け物をした際、偶然「結婚している女性は無能力者」という法律に関する学生の発言を耳にしてしまう。その内容に強烈な反感を感じたことがきっかけとなり、女性弁護士を目指し、法科女子部への入学願書を提出する。
2女三人寄ればかしましい?弁護士を志し明律大学女子部に入学した寅子(伊藤沙莉)は、男装し自らもストイックで他人に厳しい山田よね(土居志央梨)をはじめ、様々な背景をもつ同級生達と出会う。ある日山田よねが傍聴していた進行中の裁判を見た寅子は、その裁判の判決について、女子部の授業の中で議論する機会を得る。疑問や問題点等を考察する過程を経て、クラスで判決を傍聴することに。その結果、自分が目指す弁護士像が、おぼろげに整理されてくる。
3女は三界に家なし?弁護士を志し明律大学女子部で学生生活を過ごす寅子(伊藤沙莉)だが、退学者続出、入学者激減で女子部存続の危機に。同級生達と共に、後輩の悩みに寄り添ったり、女子部待遇改善に立ち上がったりと忙しい。そして女学生だけの法廷劇を上演する事で女子部の存在をアピールしようとするが、男子学生の心無い誹謗中傷から、乱闘事件へ発展してしまう。。時は過ぎ、寅子達は女子部法科の課程を終え、共学の法学部へ進学の時が来る
4屈み女に反り男?法学部に進学した寅子(伊藤沙莉)達は、同級生の男子学生・花岡悟(岩田剛典)の発案でハイキングに出かけ親睦をはかることに。しかしハイキング先では、寅子と悟が男女間の立場の違いで言い合いとなり、悟が崖から転落し入院する事態に。そのことがキッカケとなり、寅子が悟のことを男性として意識し始めたある日、父の直言(岡部たかし)は、勤める会社で発生した汚職への関与疑われ、突然家宅捜査を受けることに。
5朝雨は女の腕まくり?寅子(伊藤沙莉)は、汚職事件への関与を何故か自白してしまった父の直言(岡部たかし)の無罪を信じ、自白の信憑性が乏しいことを証明しようと大学の仲間達と行動を起こしたり、何か突破口はないか思案を重ねる。いよいよ開かれた法廷では、自白一辺倒で有罪に持ち込もうとする検事・日和田(堀部圭亮)の法廷戦術に対し、恩師で弁護を担当する穂高(小林薫)は、法を基にし証拠を積み上げる正攻法で、法廷バトルを繰り広げていく
6女の一念、岩をも通す?寅子(伊藤沙莉)は高等試験司法科に落ちてしまう。女性の合格者が出なかった結果を受け、大学は女子部の募集中止を発表してしまうが、寅子達は交渉の末に一年の猶予を得る。弁護士事務所に勤務しながら猛勉強した寅子は、翌年、見事に合格する。女性故に口頭試験で不利な状況に追い込まれたり、夢を諦めざるを得なかった仲間達の思いを胸に、祝賀会の席上、法曹界に進む初めての女性のひとりとして、強い決意を堂々と表明する。
7女の心は猫の目?寅子(伊藤沙莉)が、雲野弁護士(塚地武雅)の下で弁護士修習期間を過ごしている間に、女性として意識していた花岡(岩田剛典)は、裁判官となり佐賀へ赴任してしまう。その後、修習を終えて弁護士資格を得た寅子だったが、女性ゆえになかなか弁護を依頼されない日々が続く。女性弁護士第一号の先輩を見習い、結婚することで社会的信用を得ようと、親にお見合い相手を世話してもらおうとするものの、想像以上に現実は甘くはなく
8女冥利に尽きる?寅子(伊藤沙莉)は、弁護士への道を閉ざされた仲間や、女性ゆえに弁護士を辞めてゆく先輩を見て、女性弁護士の未来を背負い激務にまい進する。夫・優三(仲野太賀)の優しさや支えあっての仕事だということを忘れ、職場にも妊娠を隠し続けて、ついに倒れてしまう。寅子を見かねた恩師の穂高(小林薫)の説得で、仕事より出産を優先し、無事第一子を産む。そして家族で戦争を乗り切ろうと決意した矢先、今度は優三に召集令状が届く
男は度胸、女は愛嬌?戦争の最中、寅子(伊藤沙莉)は、夫・優三(仲野太賀)が無事復員することを信じて、花江(森田望智)達と疎開先で暮らしている。そこに、直道(上川周作)戦死の報が届き、悲しみに包まれる。終戦を迎え、父・直言(岡部たかし)や母・はる(石田ゆり子)らと共に暮らし始めても、優三の消息は不明のまま。家族で力を合わせ戦後の生活難を乗り切ろうと内職に励む日々。そんなある日、体調を崩していた父・直言が倒れてしまう。
10女の知恵は鼻の先?寅子(伊藤沙莉)は、桂場等一郎(松山ケンイチ)を訪ね、司法省の中で民法を改正する仕事を得る。自由な気風の上司・久藤頼安(沢村一樹)の下で、仕事に勤しむが、弁護士を辞した負い目から、波風立てずに仕事をしてしまう。しかし婦人代議士の集会に参加し、寅子らしさを取り戻す。紆余曲折の後、民法は改正される。そんな折、違法な闇商売を裁く東京地裁の専任判事となっている花岡(岩田剛典)と偶然の再会を果たすが。
11女子と小人は養い難し?酔って寝てしまった汐見(平埜生成)を多岐川(滝藤賢一)と自宅に送り届けた寅子(伊藤沙莉)。出迎えた汐見の妻・香子は寅子のよく知る人物だった。多岐川から追い出される形で帰宅した寅子は納得がいかないが、はる(石田ゆり子)からは「生きていれば色々ある」と諭される。翌日、汐見から事情を説明された寅子は何か自分にできることはないかと問うが、できることはないと多岐川に断言されてしまう。
12家に女房なきは火のない炉のごとし?寅子(伊藤沙莉)に東京家庭裁判所判事補兼最高裁家庭局事務官の辞令が下り、念願かなって裁判官への道を歩み出すことに。業務とは別に戦災孤児達に向き合う中で、偶然孤児の道男(和田庵)を自宅に住まわせて面倒を見ることに。母のはる(石田ゆり子)は、戦死した息子に道男の存在を重ね合わせ、親身に面倒をみる日々を送る。そんな矢先、突然はるが倒れてしまい、家族は余命が残されていないことを覚悟しなくてはならなくなる。
13女房は掃きだめから拾え?寅子(伊藤沙莉)は家庭裁判所の特別判事として多忙を極めている。職員増員の募集が芳しくなくて、業を煮やした多岐川(滝藤賢一)は、広報活動としてコンサート開催を思いつくが、更に忙しい状況に。そんな中、家庭裁判所に持ち込まれる案件の一つが、かつて女子部で一緒に弁護士を目指していた大庭梅子(平岩紙)の遺産相続事案だと気づく。弁護士事務所を立ち上げた山田よね(土居志央梨)達の力も借りて、話し合いが始まる。
14女房百日 馬二十日?寅子(伊藤沙莉)は広報コンサートの成果で、一躍世間に知られる存在となり、最高裁判所長官の著書改稿作業を手伝ったり、相変わらず多忙を極めている。そんな中、非行を繰り返す息子の親権を押し付け合う国際結婚夫婦の離婚調停を担当することに。家庭審判所と少年審判所が一つになり設立された家庭裁判所ならではの内情から、一筋縄では進まない。しかし寅子は子供の意思を聞き、子供の立場に立って、調停しようと奮闘する
15女房は山の神百石の位?すっかり有名になり、外国出張もこなして仕事に追われている寅子(伊藤紗莉)は、突然地方への異動を言い渡される。赴任先へ娘を連れて行くか行かないかを話している最中、娘が日常で見せている顔と、寅子の前で見せている顔とが違うという現実を知らされる。子育てや家事を託している花江(森田望智)から「家族に目を向けられない程に仕事を頑張ってと言った覚えはない!」と諫言され、家の事も仕事も中途半端だった事を反省する
16女やもめに花が咲く?寅子(伊藤沙莉)は、新潟地・家裁の三条支部に赴任し、娘との二人暮らしを始める。職場は地縁と血縁で成り立つ地域社会においては、出来るだけ波風立てないやり方を模索するという環境だった。新潟本庁刑事部に勤務する星航一(岡田将生)と、予期せぬ再会を果たすが、二人が旧知である事を知った三条支部に出入りする面々からは、含みのある視線を浴びる。帰宅後は、我が子との間に出来た溝を埋めようと努力する寅子だったが・・・
17女の情に蛇が住む?
18七人の子は生すとも女に心許すな
朝ドラ「虎に翼」今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!
https://bangumi.org/

随時情報を更新します。お楽しみに。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥330 (2024/04/30 21:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/07/19 08:37時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

虎に翼今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

bookfan 2号店 楽天市場店
¥1,210 (2024/03/21 22:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀