PR

虎に翼ネタバレ15週あらすじ吹き出し「女房は山の神百石の位?」

朝ドラ「虎に翼」ネタバレあらすじ!吹き出しで紹介!来週・明日・今日どんなかんじかな?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」のネタバレあらすじ第15週を私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。
昭和26年、アメリカ視察から帰国した寅子は、雑誌の取材を受けたり、ラジオ出演する大忙し。そんななか、新しい調停を担当することなります。

虎に翼ネタバレ週あらすじ吹き出し

第15週の週タイトルは

「女房は山の神百石の位?」です。

来週の虎に翼の第15週「女房は山の神百石の位?」について

ぼぶたろうの吹き出しや感想を交えて紹介いたします。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天ブックス
¥1,430 (2024/07/19 15:03時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」71話

昭和26年。視察のためにアメリカに行っていた寅子(伊藤沙莉)が帰国する。

刺激を受けてますます張り切る寅子に、新しい時代の女性の代表として密着取材をさせてほしいという雑誌の依頼が舞い込む。

家族を巻き込んでの取材に笑顔で対応する花江(森田望智)を筆頭に、猪爪家の面々は様子がおかしい。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

1951年昭和26年寅子はアメリカでニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコの裁判所視察団に参加し帰ってくる寅子は、婦人の職員や調査官の数が大勢いることを多岐川らに報告し、それでこそ佐田寅子だという多岐川。

寅子が猪爪家に帰ってくると知るとまったりしていた雰囲気から優未らがむりくり勉強モードに切り替え出迎える、寅子はアメリカみやげとして、お菓子や英語で書かれた本を渡し、勉強して分からなければ辞書を引きなさいといい、寅子自身は仕事で忙しく、花江に相談なく、竹中から「新時代の開拓者」として寅子と猪爪家での取材を受けていた。
 

密着取材を受ける猪爪家、家事は分担しているという寅子に、花江が内心イライラする、寅子の料理の手つきに普段は料理しないのと竹中から突っ込まれ、普段は仕事が忙しく休日に手伝うとフォローをいれる花江は、竹中から寅子を聞かれると女学校の頃からの自慢の存在で、寅子のおかげで何不自由なくせいかつできると答え、直言から引き継いだ寅子の新聞記事のスクラップを見せ、取材が終わり寅子がいなくなると直治と優未は緊張の糸が切れぐったりし、そのまま寅子は竹もとで女性司法修習生と対話するがその話の中に異変を察知した梅子。

・直人・直治も寅子の影響を受けてるんだね・・・直明はもともとだけど。

・竹中記者生きてたんだ・・・よかったよかった

・ロールキャベツか・・・当時あったかな?あったよね。その時代に生きてないから知らんけど。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」72話

帰国後の寅子(伊藤沙莉)は大忙し。多岐川(滝藤賢一)、山本長官(矢島健一)と共にラジオ番組に出演し、女性の社会進出についてはっきりと考えを述べる。

「家庭裁判所の母」と呼ばれ、後輩も出来て順風満帆。

そんななか、寅子は新しい調停を担当することに。不貞行為を理由に夫から離婚の訴えを起こされた女性・瞳(美山加恋)をいさめた寅子は、瞳から「女の味方ではないのか」と非難される。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

竹中記者とライアンが見守る中、山本長官とともに、多岐川は家庭裁判所の父、寅子は家庭裁判所の母としてラジオで紹介され、家庭裁判所は女性裁判官にふさわしい場所言う長官に対し、家裁は女の場所という偏見となり、男女平等に同じ機会を与えられることだと思うとラジオで寅子が発言をするとラジオをきる花江
 
離婚調停の場に出る寅子、不貞行為に及んだ福田に理由を聞く寅子、夫慶太は間違ったことはなく、不貞行為に男らしいも女らしいもなく、配偶者に不貞な行為があった際、離婚の訴えを提起することができる民法770条に定められていると淡々と話す寅子は相手の気持ちに寄り添ってはという、福田は納得せず去ってしまい、職場にもどった寅子、多岐川から行くぞと司法省へ行く、寅子の新潟地裁三条支部への異動することになり山本長官に抗議にいったのだ、そこに桂場が入り異動を決めたのは自分だと言う、多岐川は家庭局も家裁も問題は山積み、家裁はおしまいだと納得できないと言う。
 

猪爪家に帰った寅子、新潟行は判事補から判事への昇格とセットで決まったと言い、引っ越しの準備があるという、私と優未の2人でいこうというと直明は賛成できないといい、慣れない土地で1人でいることになりかわいそうだといい、花江は何も見えてなく何もわかっていなく、優未を置いて行ってと言い、家族に目を向けられないほど頑張ってほしくない、いい子にみてほしいと頑張っていることを打ち明け泣いてしまう花江。

・突然の三条行に驚き多岐川の怒りもあり「はて?」がでず。。

・優未ちゃんは懸命だったのね。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」73話

新潟への異動を命じられた寅子(伊藤沙莉)。

寅子は初めて家族との間に溝ができていることを自覚する。

さらに、弟・直明(三山凌輝)から優未(竹澤咲子)がこれまで寅子に見せていた姿が本当の姿ではなかったことを知らされる。

新潟には寅子だけが行くべきだという直明の言葉に、寅子は言い返すことができない。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

ショボンとする寅子、直明から本当に「ん?」なズレがあるが頑張っているし支えたいだから「ん?」は受け流さないとという、気づいたら、1年前に31点をとってきて、84点に偽装した「間違えた分を復習して100点」だからといいズルをしてでも良い子のふりをしている、そんなつもりがないが、てのかからないおりこうさんを優未をもとめていなかったかと直明は言い、新潟へは寅子1人で行くべきだと言う。
 

翌日、福田夫婦の離婚調停の日、福田瞳はこなかった・・・夫の意思は変わらず夫は帰ってしまった、調停は家裁で不成立にせざるおえず、地裁に任せると言う。
 

竹もと甘味をたのむ寅子、ついでに、猪爪家に団子をお土産に用意してもらうが、竹もとにやってきた司法研修生から、佐田寅子は短絡的でただ吠えればいいというものではないという声が聞こえてきて、梅子からこれから改めれば問題ないといわれ、家裁にもどると、瞳がおり、夫と裁判しなければならないどうしたら良いのといわれ、だから私は困っているという瞳、寅子をさそうとするが家裁の人たちに止められ、その夜、カルタをしている優未の様子を窓越しみて何か無我無臭になっている姿をみてという優三のことばを思い出し、突然家に入る寅子。

・「ん?」なズレ

・瞳にやられそうだったね・・・

・優三の言葉が響いたか。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」74話

いつの間にか家庭を顧みなくなっていたことを指摘された寅子(伊藤沙莉)。

道男(和田庵)からも非難され、家族と正面から向き合う決意をする。

新潟には家族全員でついていくと言う花江(森田望智)。

すると、直人(琉人)ら子どもたちから寅子への不満が噴出する。

寅子は新潟に一人で行くべきなのか、決断の時が迫る。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

道男は寅子が、ばあちゃんが亡くなる前は、普通のおばちゃんだったが、今は変わっちまったといいだすと、寅子が、道男が言ったみたいなのもっとどこが変わっちゃったのか、教えてほしいのと家族会議を開始するといいだすと、いきなり、花江が謝りこういう時こそ家族みんなで支え合あわなきゃと「はる」ならそういってたいい、家族全員で新潟について行こうということを伝えるが、「スンッ禁止」という寅子に直人がスンってさせてるのはトラちゃんだと言われ、謝る寅子、家族から注文を言われるたびに謝る寅子、さらに、直明から、就職先に悩んでる時話を聞いてくれるって言ってたのに結局 聞いてくれなかったという始末、道男が笹山のところまで話を聞きに来たことを話し、ただひたすら謝る寅子、さらに直明は戦争の時のように家族が離れるのが嫌だというと、直人・直治も行きたくないと言し、道男も行ってほしくないと言い出す。
 

家族の話を聞いた寅子は花江たちは新潟には来なくていいここで暮らし続けてくださいという寅子、直明が優未は連れて行くのか聞かれると道男が優未はここにいるのが一番幸せだって言い出し、親と縁を切った方がいい時だってあると言い出す寅子、優未に決めてもらおうという道男らに、そんな決断優未にさせないでと花江は言い出し、この決断の責任はトラちゃんが負うべきと言い、寅子は改めて、優未にお利口さんでいてって呪いをかけてしまってごめんなさいと謝りつつも、優未と別れたら取り返しのつかないことになるから、一緒に新潟についてきてくださいとお願いするとはいと答える優未。
 

後日、寅子は桂場に思い上がって天狗になっていたことを伝えると、全く違うと答え、腹立たしいが君は有能だ、そして俺たちに… 好かれてしまっている。それが問題で、ライアン、多岐川、桂場の後ろ盾がある君はもう昔の弱い者じゃあない「はて?」は 非常に重い周りを動かす力があり、今のままでは君の土台はいずれ崩れ裁判官として正しく成長する道筋を飛び越え一躍 時の人となってしまい、どんな役職も任せられないから、だから 地盤を作るんだといい、裁判官の経験を支部でしてこいということだと伝え、飛び切りの愛じゃないかという多岐川、快く旅立ちを見送るしかないじゃないかと言いだす。

・「スンッ禁止っ!」

・直明、笹山まで就職の話をしていたのか・・

・多岐川をはじめ、家裁の結束は強かった。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第15週「女房は山の神百石の位?」75話

寅子(伊藤沙莉)は家族に優等生であることを強いていたと反省する。

多岐川(滝藤賢一)と汐見(平埜生成)らが、旅立つ寅子のために壮行会を開いてくれる。

また、汐見のはからいで香子(ハ・ヨンス)と話ができた寅子は、よね(土居志央梨)、轟(戸塚純貴)、梅子(平岩紙)にも別れの挨拶をするために上野を訪れる。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

竹もとで竹中記者に、寅子に対するグチのメモを記事ネタとして渡し、信頼とか経験とか絆とか取り戻す様子を書くと面白いと提案する寅子、餞別ということで家族の写真を渡す竹中、その後、多岐川宅で壮行会を開いてくれて、香子が子供をつれて寅子を迎え、梅子、よね、轟の近況を伝え、みんなに会いたいという香子だが、崔香淑は娘のために捨て日本でいきる選択をし、元気で行ってらっしゃいというと寅子は香子を抱きしめた。

壮行会の締めに多岐川が話そうとするが・・無口・・いきなり脱ぎだし、「この先の輝かしい人生を祈って!頑張れ」と掛け声を掛けながら、水行をする多岐川、寂しくて仕方ないと言いった、そして、轟法律事務所に足を運び轟からめでたい事だと、梅子は寂しくなるわと言い、よねは・・・うっとうしさになれたと言い、変わらずいてくれたことにお礼を言い、自分の道に戻るのはどう?と司法試験を受けたらと言い、弁護士になったよねさんにしか救えない人たちが沢山いることを伝えた寅子
 

三条市での生活がはじまるが優未のスンッはとれないまま・・

裁判官編はここまで?次回から新潟編へ。

・見慣れた家族と仲間とはお別れ・・・

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」のあらすじは?

当サイトでは「虎に翼」のあらすじを紹介しています。

>>>朝ドラ「虎に翼」あらすじ一覧

をご覧ください。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/07/19 08:37時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

虎に翼ネタバレ第15週あらすじ吹き出し女房は山の神百石の位?!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀