PR

虎に翼ネタバレ16週あらすじ吹き出し「女やもめに花が咲く?」

朝ドラ「虎に翼」ネタバレあらすじ!吹き出しで紹介!来週・明日・今日どんなかんじかな?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」のネタバレあらすじ第16週を私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

虎に翼ネタバレ週あらすじ吹き出し

第16週の週タイトルは

「女やもめに花が咲く?」です。

来週の虎に翼の第16週「女やもめに花が咲く?」について

ぼぶたろうの吹き出しや感想を交えて紹介いたします。

新潟地家裁三条支部に赴任した寅子は、

地元の弁護士・杉田太郎らから大歓迎を受けます。

家では親子二人の生活が始まりますが、優未との溝は埋まらないまま。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天ブックス
¥1,430 (2024/07/19 15:03時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」76話

桂場(松山ケンイチ)や多岐川(滝藤賢一)らに送り出され、新潟地家裁三条支部に赴任した寅子(伊藤沙莉)は支部の職員たち、地元の弁護士・杉田太郎(高橋克実)らから大歓迎を受ける。

困惑しながらも、新しい職場に一日でも早くなじもうと努力する寅子。

一方で、娘・優未(竹澤咲子)との距離は縮まらない。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

初めが肝心だ気を抜かず精進したまえと激を入れられた寅子は家裁の三条市にやって大歓迎を受け、初日を終えた寅子は一つの土台作りとしてスンッとしている優未と接するが、新天地で心機一転溝を埋めようと、新しい学校について問いかけるが、「特にない。」と答える優未に宿題を見るからというが、「やった」と答え笑顔を見せるが親子の会話に苦戦する。
 

夜中、書記官の高瀬が令状をもらいに家に警官をつれてやってきて、酔っ払い同士の傷害事件の書面に目を通す寅子、というのも、判事は緊急の事態に夜中でも対応必要があり処理が終わると、優未がおきており、翌朝早朝二人で体操をし、支部に勤務すると、前任の山添裁判官が未決裁を含め、色々と決済作業をする。
 

気づいたら開廷の時間に・・不貞行為の慰謝料請求訴訟など次々と裁判をこなすが・・弁護士は2人だけなので座る位置が変わるだけと珍事になっていた。。気づいたら帰らないといけない時間、急いで帰えると優未が、おみそ汁とごはん炊いてお漬物切っていた、翌朝、支部へいくと新潟本庁刑事部の星航一がおり、新しい土地になれたか聞かれたとらこは親切で・・と言うt言葉に、「親切・・」という航一、休みの日は休んでいると答えられ、詰まる寅子。

・神社の境内を通勤・・そんな風景?

・二人だけの弁護士・・・なんかやらせみたい・・・

・航一はナニモノなの?

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」77話

花江(森田望智)への手紙に「仕事も家事も完璧にこなす」と書いた寅子に、花江からの返事が届く。

そこには「寅子にしかできないことを」と書かれていた。

一方、三条支部では判事としての仕事が山積み。

山の境界線をめぐる民事調停を担当することになった寅子は、申立人の森口(俵木藤汰)、弁護士の杉田(高橋克実)、書記官の高瀬(望月歩)らとで現地へ出向くことにする。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

航一が去った後、佐田判事の歓迎会も兼ねて食事会に誘う杉田兄弟弁護士、そして家に帰ると花江たちから手紙が来ており、「何も分かってないわ、トラちゃんにしかできないことがあるはずだから見つけて」と書かれた文面を見た寅子、そして直明らからは「優未がいなくて寂しいよ」と書かれていた。
 

後日、林業を営む森口と原が山林の境界線を巡る民事調停の場に同席する寅子、調停が終わると隅っこで本を読む高瀬が直明に似ていると声を掛けた、家に帰ると魚屋と八百屋がおかずを持ってきてくれたという優未、翌日、杉田にお代はツケでと言われ、頼れるもんは頼った方がいいと言いう。
 

民事調停は境界線の確認のため、現地調停を行うが、杉田弁護士から森口さんは地元一の名士だらうまくやってくれ、メバルの煮つけにたけのこの酢みそあえ美味しかったでしょうと持ちつ持たれつ言われ固まる、が、法に則った判断をすると言うと、高瀬と森口との争い後事を止めようとした寅子が川に押し出されてしまい、森口が高瀬を訴えるという杉田弁護士、寅子に森口の調停について検討をと言われた寅子は睨み返す。

・新潟編に花江や直明らがキター

・豪華な食卓に・・寅子楽になった?

・とおもったら、地元の名士:森口かよ・・寅子頼んだぞ!

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」78話

山の境界線をめぐる現地調停で、書記官の高瀬(望月歩)と申立人の森口(俵木藤汰)との間にトラブルが発生。

寅子(伊藤沙莉)も巻き込まれてしまう。

しかし、高瀬は森口との言い合いの内容を決して明かさない。

家に帰った寅子は優未(竹澤咲子)がテストの点数をごまかそうとしている場面に出くわす。テストになると緊張してしまうと話す優未。

寅子は亡き夫・優三(仲野太賀)のことを思い出していた。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

高瀬も支部のみんなも何か隠し事をしている様子であり、その日の夕方、数字の偽装の練習がバレ、テストの点数をうそついたことを知ってたんだという優未
 
おうちではできてもテストの時になるとぎゅるぎゅるってなっておなか痛くなる事を伝えると、お父さんに似ちゃったかという寅子、お父さんもね緊張するとすぐおなか痛くなっちゃうのと話すと優未は、ほかにはどんな駄目なところがあったの?と聞き出すが何を話せばよいか分からずつまる寅子。
 
翌朝、優未ちゃんが家を出てったあと仕事行きたくない・・という寅子はその気持ちを押し切って支部へ行くと高瀬は体調不良で休み、その後、航一に書類を渡すと夕べ泣きましたと言われ、杉田弟弁護士もやってきて高瀬と森口の件で、亡くなった高瀬の兄が頼もしく、思い出話を森口がしはじめると高瀬が怒り出したのだと伝えると、亡くなった兄を受け入れられていなかったんでしょうねという航一に寅子が何かを感じた。

・144点のテストを誤魔化す・・優未ちゃんて・・

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」79話

父親の話が聞きたいと言う優未(竹澤咲子)に、寅子(伊藤沙莉)は優三(仲野太賀)の話をすることができない。

航一(岡田将生)の言葉から、寅子は優三の死を受け止めきれていなかったことに気付く。

一方で、どうしても人と関わることを諦められない寅子は、帰り道に出会った高瀬(望月歩)に声をかける。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

高瀬のお兄さんが亡くなったことを知る事を受け入れるのは違うという航一に寅子も優未に優三にの事を話せず、自分事として思ったと伝えると、溝を埋めようともがいていると褒める航一

 
帰り道、寅子は高瀬をみかけると、ずる休みも昨日のことも謝らない、訴えられるなら受け入れると言うと、寅子はこの先も波風を立てるからと謝り、人としてできることをしたいと伝えると、勉強をし、大学でて書記官になれば変わると思ったが同じだったと言う高瀬に仕事についてお礼を言う寅子。
 
一つ一つやっていくしかない寅子は、翌日、高瀬も職場にいて、調停の件で資料の保管庫を案内してほしいとお願いする寅子、そうすると、高瀬が境界線が書かれた江戸時代の明和8年の古文書を見つけて調停に出る寅子だが、杉田兄弁護士から、森口の蔵の奥から明治初期に近隣五村との間で作られた地境協定文書を見つけたといい、そこには、森口の主張も原の主張も食い違っていて、公図が誤った記載と推測されといい、条件だけ確認しあって円満解決となり、民事調停なんてしなきゃ良いのにという高瀬に、持ちつ持たれつ訴えられることはないという杉田弁護士に寅子は、暴行の一件は、書記官としてあるまじき行動をしたと言い、裁判所の信頼もあるので処分すると言う寅子、

・航一の言葉に寅子うごく?

・高瀬はどうなる?

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第16週「女やもめに花が咲く?」80話

森口(俵木藤汰)との間を自分が取り持つことで穏便に済ませようという杉田弁護士(高橋克実)からの提案を断り、寅子(伊藤沙莉)は高瀬(望月歩)を書記官としてきちんと処分すると告げる。

高瀬と向き合えたことをきっかけに、寅子は娘・優未(竹澤咲子)に亡き夫・優三(仲野太賀)の話をしようと決意する。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

処分を受けると言われた高瀬は、支部長の考えをきちんと言葉で聞きたいといわれ寅子は、この仕事をしているからには、どんなに言われても手を出しては駄目で、ひどい相手と同じ次元に落ちて仕返しをしては駄目だから、穏便に済まし、心に出来たカサブタを事あるごとに悪気なく剥がしていくような人たちに借りなんて作ってほしくないから、自分の意思で物事を受け流すのと受け流さざるをえないのとは違うから、今後高瀬が思うようにできるようにと処分したと寅子は伝え納得する高瀬。

夜中に令状の印鑑をもらいにやってきた高瀬は兄から書記官をつづけられることの感謝を寅子に話し娘さんにとキャラメルを渡し、起きてしまった優未に明日のおやつに食べてねというと、おいしいもの一人で食べてもつまんないという優未の返事に優三を思い出し寅子、一緒に食べて、
優三は言いたいことを言わずすぐ謝り時間がたってから「今それ言うの」と不器用で優しい所が優未も似てしまったのねといい、ギュルギュルの解決方法として寅子の変顔をみせるが中々溝は埋まらない。
 

三條支部にきた星航一から新潟本庁の近くに、コーヒーとハヤシライスを出す喫茶店があるから紹介するいい、新潟地裁の填補制度で毎週水曜日に行くことになり喫茶店へ行くとそこには明律大学の学友の涼子様がいたのだ。

・高瀬に処分の理由を言うの辛かったんだろうね・・・

・なぜ航一が三条に足運ぶ?

・涼子様登場!

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」のあらすじは?

当サイトでは「虎に翼」のあらすじを紹介しています。

>>>朝ドラ「虎に翼」あらすじ一覧

をご覧ください。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/07/19 08:37時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

虎に翼ネタバレ16週あらすじ吹き出し「女やもめに花が咲く?」!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀