PR

ラインダンス梅丸USK元はOSK日本歌劇団のレビュー!

ラインダンス梅丸USK元はOSK日本歌劇団のレビュー!ブギウギ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2023年後期連続テレビ小説:朝ドラ「ブギウギ」USK梅丸少女歌劇団の魅力なレビューの一つである「ラインダンス」とOSK日本歌劇団について調べてみました。

朝ドラ「ブギウギ」USK梅丸少女歌劇団の魅力なレビューの一つである「ラインダンス」は、OSK日本歌劇団の「ラインダンス」をモチーフにしています。

朝ドラ「ブギウギ」では、娘役トップスター大和礼子が演出として、団員が一丸となってほしく考案したものとして「ラインダンス」が登場します。

今回は、NHKの2023年後期連続テレビ小説:朝ドラ「ブギウギ」USK梅丸少女歌劇団の魅力なレビューの一つである「ラインダンス」とOSK日本歌劇団について詳しく紹介します。

ブギウギ主題歌ハッピー☆ブギは↓↓

楽天ブックス
¥1,500 (2024/04/22 19:02時点 | 楽天市場調べ)

USK梅丸少女歌劇団大和礼子考案!魅力なレビューの一つである「ラインダンス」とは?

NAO4951さんより引用

OSK日本歌劇団のラインダンスは、「切れ良く、高速で踊りきる」という特徴があります。

そのため、「宝塚は歌、OSKは踊り」と言われることもあります。

このラインダンスは、観客に強い印象を与え、OSK日本歌劇団の魅力の一つとなっています。

宝塚歌劇グッズの専門店〜宝塚アン
¥12,223 (2023/10/13 23:44時点 | 楽天市場調べ)

OSK日本歌劇団のラインダンスの魅力

ラインダンスの魅力はそのスピード感と高さです。

一瞬で舞台上を駆け巡り、観客を魅了します。ロケットダンスとも呼ばれています。

また、その美しさと力強さが同時に表現されることも特徴的です。

これらの要素が組み合わさって、観客はまるで物語に引き込まれるかのように感じます。

ラインダンスのおしゃれな布をチェックする↓↓

スポンサーリンク

魅力な「ラインダンス」するOSK日本歌劇団とは?

OSK日本歌劇団は、1922年に誕生し、2022年に創立100周年を迎えました。

初期は映画の幕間のバレエ風のダンスを披露していましたが、現在では芝居やショーが主体となっています。

また、受験資格は15〜23歳の未婚女性で、身長158cm以上となっています。

OSK日本歌劇団は、宝塚歌劇団と並ぶ日本の少女歌劇の一つで、その中でも特に注目されるのが、その独特な「ラインダンス」です。

宝塚歌劇グッズの専門店〜宝塚アン
¥6,111 (2023/10/13 23:44時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

OSK日本歌劇団協力!朝ドラ「ブギウギ」のラインダンス

大和礼子が考案した梅丸のラインダンス。桃色争議の後、新生梅丸歌劇団にて初めてお客さまに披露されました。

>>>ラインダンス『四季の宴』フルバージョン

もちろん、OSK日本歌劇団の協力があってのお披露目です。

翼和希さん大絶賛のUSKのラインダンス

橘アオイ役で出演した翼和希さんがUSKのラインダンスは私たちが何年もかけてやってきたことを数か月で仕上げてきて、女優さんたちの根性がOSKも見習わなあかんなって反省するぐらい素晴らしかったと大絶賛していました。

趣里さんもヒールでダンスするのに苦労しました。

ちなみに、余談ですが、翼和希さんはスカート一着も持っていないので、どうしたらいいものかとこう立った時に内また同士が当たる感覚がすごい、ひやっとするみたいな違和感があったそうです。

スポンサーリンク

朝ドラ「ブギウギ」福来スズ子(花田鈴子)役:趣里

大阪の銭湯の看板娘として花田鈴子は育ちます。

幼い頃から歌ったり踊ったりするのが好きが講じて、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)に入団します。

歌の才能が出てきた花田鈴子は歌手という道を進んでいき、のちに戦後のスターとなります。

花田鈴子のモデルは笠置シヅ子です。

笠置シヅ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

朝ドラ「ブギウギ」物語は?

大正時代の末期、大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘、花田鈴子は、歌って踊ることが大好きな明るく純真な女の子です。小学校を卒業した際、鈴子は、「歌と踊りで人々を笑顔にしたい」という思いを抱き、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団しました。一生懸命に稽古に励んだ鈴子は、急速に成長し、抜群の歌唱力で才能を開花させていきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、人気のある作曲家と出会い、鈴子の運命が大きく変わります。鈴子は作曲家の指導を受けることによって、「スウィングの女王」として知られる人気歌手になっていきます。

しかし、戦争が勃発すると、鈴子の状況は一変します。鈴子の歌っていた曲が「敵性音楽」と見なされ、彼女の舞台での歌や踊りは厳しく制限されてしまいます。さらに、鈴子の弟は徴兵され、ちょうどその頃、鈴子の母も病気で亡くなってしまいます。

悲劇が重なり、悩む鈴子の前に、とある青年が登場します。ふたりは恋に落ちて、やがて結婚を誓い合います。しかし、青年の家族は強く反対し、結婚は中々、実現しませんでした。そののち戦争が終わり、鈴子は青年の子を授かります。しかし、青年は病に倒れてしまいます。会うことができず、結婚も果たせぬまま、別れることとなりました。数日後、鈴子はひとりで娘を出産します。

鈴子は娘を育てながら一人で舞台で歌い続けます。そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」という曲です。明るく飾らずに、全身で歌うことが鈴子の真骨頂でした。戦後の傷ついた日本に、彼女の歌声が響き渡ります。鈴子の歌声に合わせて笑顔で歌い踊る人々が全国に広がっていきました。鈴子は「ブギの女王」と称され、日本の大スター歌手への階段を駆け上がっていきます。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/04/20 10:32時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

ラインダンス梅丸USK元はOSK日本歌劇団のレビュー!まとめ

NHKの2023年後期連続テレビ小説:朝ドラ「ブギウギ」USK梅丸少女歌劇団の魅力なレビューの一つである「ラインダンス」について紹介しました。

福来スズ子のモデルになった笠置シヅ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

また、実際に放送されたラインダンスは

>>>『四季の宴』フルバージョン オンステージ

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブギウギ
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀