PR

ブギウギネタバレ4週あらすじ吹き出しワテ、香川に行くで

連続テレビ小説朝ドラ・ブギウギ今後のあらすじを吹き出しで紹介!ブギウギ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2023年後期連続テレビ小説:朝ドラ「ブギウギ」の今後のあらすじを私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」について、週タイトルは、

  • 第4週「ワテ、香川に行くで」

です。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」の公開された今後のあらすじについて詳しく紹介します。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」のガイドはこちらから↓↓

楽天ブックス
¥1,320 (2024/05/15 17:36時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
楽天ブックス
¥1,320 (2024/05/17 16:47時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

【連続テレビ小説】ブギウギとは?

歌を楽しもうと趣里さんが歌う主題歌ハッピー☆ブギは↓↓

楽天ブックス
¥1,500 (2024/05/13 20:38時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

福来スズ子のモデルになった笠置シヅ子のドラマ「ブギウギ」。
公開されたあらすじを紹介します。

大和礼子(蒼井優)は、待遇改善を訴えて山寺にこもってストライキを始める。スズ子(趣里)たち多くの劇団員もそれに従った。会社と正面から対立し、「桃色争議」として世間に大きく取り上げられるが、その代償はとても大きなものだった・・・。
 桃色争議から1年、スズ子は法事で本家がある香川へ行くことになる。久しぶりに会う香川の親戚たち、しかし、皆なにか様子がおかしい。そこで、スズ子はある衝撃の事実を知ることになる。

NHKブギウギサイトより引用

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」(16)

会社との交渉が決裂した大和礼子(蒼井優)をはじめ、スズ子(趣里)たちは山寺に立てこもりストライキを始めた。スズ子たちは山寺でも、いつも通り稽古を行っていた。記者たちは「桃色争議」を新聞で伝え、世論は劇団員たちに味方し始めていた。ある日、ツヤ(水川あさみ)や梅吉(柳葉敏郎)、劇団員たちの親が山寺にやってきて…。一方、社長の大熊(升毅)は礼子たちの処遇に思いを巡らせていた。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

スズ子たちはストライキで山寺にたてこもり、会社に解雇と賃金削減を撤回させて和希を呼び戻そうとするスズ子。舞台の稽古を行いながら、規律正しい生活をしていた。

記者にお客さんに一言あるか大和礼子に聞くと、申し訳ないが毎日稽古をしており、また素晴らしい舞台をお見せしますので、しばらくおまちくださいという。

その翌日、騒がしい声が聞こえてきたら団員たちの親と梅吉とツヤがおいなりさんや桜餅などたくさんの差し入れをもって現れた。

大和を見た梅吉、きれいやなという。

そうしたら、住職がお昼をお子さんとお話ししてほしいとごちそうするという。

梅吉が住職にお酒をすすめる。そしてツヤはリリーに食べてる?と声を掛ける。

騒がしい梅吉とツヤにスズ子は恥ずかしくなるが、大和がツヤが梅丸の試験にもついてきた話を林部長からきいたという。

大和は、団員と親御さんに心配と迷惑をかけたことをお詫びし、団員たちを傷つくようなことはしないのでもう少しだけお待ちくださいといい、よかったらみんなの元気な姿をみてほしいので稽古をご覧になってくださいという

歌の稽古で拍手と歓声をあげる親御たち。満足して山寺を去っていく。

大和は、踊ったり歌ったりしてるところを親に一度もみせたことがないから羨ましいなと・・こんなストライキをしてるのもどこかで、親に向けてるのかもしれないという。

スズ子は心底から応援してくれる両親がいることに改めて幸福を感じた。

梅丸の劇場に来たお客さまに謝る橘アオイ、股野が梅丸を切られたら行く場所がないといったことを思い出す。そして、股野がピアノの稽古をしている最中に橘が伴奏しようか?これでええのか?と声を掛ける。

橘は、股野に礼子のこと好きなんやろ?といい、その気持ちはええんか?という。

股野は、橘さんだて大和さん・・・というと、橘は人のことは ええわと、こんなしょうもないあんたのことなんか誰も好きにならへんで!自分の信念がないんかというが、橘自身、スズ子の大きなお世話がうつったわという。

林部長は、社長にお客さんは幕が開くのを待ってはるんですというと、このままやと離れてしまいますよ、大和もいつまでも子供ではないという。

社長は分かっているという。そして、15年前、親にも反対されて 行き場がない礼子のことを思い出す。

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」(17)

山寺でのストライキが続くなかで、大和礼子(蒼井優)はスズ子(趣里)に自分の過去の話をする。両親に反対されて、縁を切ってまでも踊りを続けられたのは、梅丸の社長の大熊(升毅)に拾ってもらったからなのだと言う。しかしその頃、大熊はUSKの処遇について大きな決断をしていた…。そして、礼子に思いを寄せているピアニストの股野(森永悠希)もまた大きな決断をして、礼子たちがいる山寺へ向かうのだった。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

大和礼子らをはじめ山寺で稽古をするストライキ中の団員、一方、橘アオイも一人で梅丸の稽古場で練習をする。

その姿を見た股野、「礼子のこと 好きなんやろ?」と言われたことを思い出す。

山寺で団員たちが自由時間で遊んでいる。スズ子は秋山のあんな顔初めて見たというと大和は、ムキになっちゃうからたまには 息抜きさせてあげないとという。

大和は、社長に親に反対されて諦めた人間はようけ見とる、親と縁切ってでもやりたいというなら、ワシが親代わりだと授業料も何も要らんと言われ梅丸に入ったという。


一人ぼっちの橘は大和と写った写真をながめ、「誰もやめさせたくないの、ここを楽しい場所にしたいの。」といった大和のことばを思い出す。

そこに突然股野がやってきて、みっともないことに気づき「梅丸をやめるわ。」と言い出す。

やめてどうするんやという橘に股野は明日、寺に行って大和さんと話すわという。


翌日、ヒョロヒョロになって股野が山寺にやってきた。一時金を受け取って会社にとどまった股野は団員たちに愛想をつかされていたが、思い直して、夢を追うためもう一度オーケストラを目指して、会社を退職することを決心した。

股野はその決意と「大和さんのことが好きです」と大和に告白をした。

大和は、「今は・・・それどころじゃないので・・」というが、股野は、「せやけど ここで伝えな二度と会われへんような気がして」というが、そんなことはないという大和、いつか会えるよう気がするという。

オーケストラに挑戦するつもりの股野に対してエールを送った。

聞き耳を立てている団員たち。住職に咳払いをされて稽古を再開する。

橘は、山籠もりの成果みせてもらうでという。

スズ子は、橘と林部長の顔がみれてうれしいといい、稽古の後、生き血で宴会やという。

一方、橘と林部長は大和と股野の所へ行き、林部長が力不足だとやめさせられたことにについて大和に詫びを入れる。橘も辞めることを覚悟したと、大和に目で合図をした。

大和の退団の覚悟に気づいてないスズ子。

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」(18)

山寺でのストライキは団員たちの要求が全面的に受け入れられ幕を閉じる。山を下り、ようやくいつも通りの練習を始めようとしたスズ子(趣里)たちだったが、そのやさき、大和礼子(蒼井優)と橘アオイ(翼和希)が責任を取ってUSKをやめることになったと伝えられる。スズ子たちはその決定に抗議をするものの…。礼子がUSKに残した思いを乗せて、強く、たくましく、泥臭く、そして、艶やかに――。魂の「ラインダンス」!

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

ストライキが始まって2週間後、社長が、団員は会社にとって大切な人材で駒ではないという。

山寺に梅丸の社員がやってきて団員側の要求を受け入れることになり、2週間ぶりに山を下りることになった。はな湯につくと、梅吉をはじめ、常連客が温かくスズ子を迎える。


翌日、みんなの前で、林部長が、会社が団員達の要求を受け入れる代わりに、橘と大和が騒動の責任をとって退団することになったというと、詰め寄る団員たち。

大和はあなた達を巻き込んでしまった、あなたたちはもう立派なレビューガールよと新しい梅丸を作ってほしいという。

スズ子は大和と橘に「おってくださいよ!ワテらも二人がおらな寂しいわ!寂しいて命がなくなりますわ」とお願いし号泣する。

橘がうるさいのがおらんようになって清々するやろと言われたスズ子はうるさい人におってほしいんです!といい橘を抱きしめる。

泣き出すスズ子に大和は「やめたくない・・ありがとう。そんなに思ってもらえて‥・それだけで・・わたしはこれからもいきていける・・」という。

スズ子も大和も林部長も団員達も皆泣いていた。

でも、結論が覆ることはなかった。

後日、会社の都合で辞めさせられた後輩、そして和希が梅丸にもどっきた。

お帰りというスズ子。ただいまという和希。お帰りというリリー

「強く!逞しく!泥臭く!そして艶やかに!」大和の意思を継いだスズ子は後輩たちの指導に力を入れる。

社長は、大和と橘がいなくなり、あいつらが輝くような新しいもん考えたってくれと林部長にお願いをすると、林部長は大和がやりたがっていたラインダンスしかありまへんという。

新生梅丸が始動する。そのダンスを舞台袖で見守る社長と林部長。

そして団員ひとつになって、ラインダンスをし始めると客席から大歓声が挙がる。

ラインダンスについては、こちらをご覧ください。

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」(19)

USKが新しい代に変わった頃、一人の青年・羽鳥善一(草なぎ剛)は、夢を抱いて大阪から東京に向かっていた――。桃色争議から1年。ツヤ(水川あさみ)の実家の香川から手紙が届く。スズ子(趣里)に法事に出てほしいというのだが、ツヤと梅吉(柳葉敏郎)はその内容に戸惑いを隠せないでいた。一方、六郎(黒崎煌代)は近頃ある疑問を持っていた。スズ子と六郎が、実は本当の兄弟ではないのではないかというのだ。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

梅丸が新しい代になったころ、一人の青年:羽鳥善一が夢を抱いて上京しに列車の中に乗っている。

子供に、ジャズはワクワクする音楽やねんトゥリー トゥ ワン ゼロ!ババッ ババッ ババッ ババッ ババッダァ〜ッツ ダァッ!と歌いだす。

この青年はのちにスズ子と出会います。

桃色争議から1年経った、1934年(昭和9年)のとある日、ツヤのところにカタから手紙が来て、ツヤ実家である地主の治郎丸家の法事にスズ子に来てほしい旨、書かれていた。

どうするねんという梅吉。

一方、スズ子ら団員は洋食屋で食事をし、1週間の休暇に何するか話していた。

リリーがつきおうてる人が博多から出てきた子やねんといい、一緒に里帰りに誘われてなというと、和希が向こうの親にどつかれんでという。

秋山は東京行って向こうの劇団見てこよう思うてますという。

和希は家族で和歌山に行くわという。

スズ子はお店やすめんし、風呂屋の手伝いだというと、リリーが大和さんが勝ちとった休暇がやで、罰あたんでという。

過去にあほのおっちゃんが「ワイがカッパの子で姉やんがクジラの子」と言ったこと、河童とクジラはうそやけど、ワイと姉やんはホンマに姉弟やないんやないかという六郎?

スズ子は、姉やんとあんたはホンマのきょうだいやという。

一人で、湯舟につかるスズ子はワテだけ・・まさか・・と、ありえる。なんぼ、お父ちゃんがアホいうても六郎ほどやない、どこからかもらわれてきたんちゃうかと思うようになる。

改めて、路地で梅吉とツヤが、タカが法事に出てほしいやなんて、今更こんな話してきたんやろなという。

ツヤは、白壁の治郎丸家は、実家の手袋工場の得意先やねんというと、ほないくしかないんちゃうか?と梅吉は言う。

ツヤは、ワテ今更、キヌに合わせる顔ないわというと、梅吉は、子供ら2人で行かせたらどないやという。

翌朝、朝食の際に、ツヤがスズ子に今度の休みな久しぶりに香川行かへんか?という。

六郎もワイも行きたいというとツヤは六郎も一緒で、ばあちゃんが久しぶりに会いたいらしいわという。

そして、治郎丸家の息子の法事に出てほしいことを伝える。治郎丸家のお父さんが梅丸のファンだという。スズ子が梅丸で頑張ってるってうわさ聞いて一目会いたい言うてなという。。

休暇に入っていたスズ子はツヤに促され、六郎と2人で香川へ行った。

香川へ行く道中、六郎がスズ子にワイと姉やんがホンマに姉弟かどうか調査するという。

ブギウギネタバレ第4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」(20)

スズ子(趣里)と六郎(黒崎煌代)のふたりは、梅吉(柳葉敏郎)とツヤ(水川あさみ)の故郷である香川を訪れる。スズ子が小学生の時に訪れて以来の訪問だ。ツヤの実家では、祖母の大西トシ(三林京子)ら親戚たちから、梅吉とツヤの昔話を聞いたりするのだが、六郎はスズ子と自分が本当の兄弟かどうか香川で確かめようとしていた。翌日、スズ子と六郎たちは法事に出るために、次郎丸和一(石倉三郎)の家を訪れる。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

スズ子と六郎は梅吉とツヤのふるさと香川へやって来ました。

ツヤの実家に着いたスズ子と六郎は祖母のトシやツヤの妹・叔母のタカ、叔父のヒデオ、梅吉の弟・松吉とその妻ユキから歓迎される。


祖母のトシは、ホンマええ子に育っとるスズ子と六郎をみたら、ツヤも梅吉さんも幸せやってことが分かるという。

そんな最中、六郎がワイと姉やんな…ホンマのきょうだいとちゃうでと言い出す。

松吉が六郎もお父ちゃんに似たら駄目じゃわい顔はあんまり似とらんけど人様に迷惑かけるようなことはしたらあかんという。

話を変えようと、スズ子は明日の法事はどこだか聞くと、ヒデオが白壁の治郎丸さんには、この辺で商売しとる人らみんな世話になっとって断れなんだんじゃわいといい、松吉が地主さんで 古い家やけん。という。


翌日、スズ子と六郎はトシやタカたちと一緒に治郎丸家に行った。

出迎えたミネが遠いとこすんませんなといい、スズ子にウチの人が どうしても会いたい言うけんというと、治郎丸がでてきて、松吉の妻ユキの顔をみて「スズ子」と言い出す。

スズ子がUSKの福来スズ子ですというと、似とる・・よう似とると言い出す治郎丸。あんた!注意をするミネ

そこでは、和一の息子である菊三郎の法事が行われていた。

お焼香をするスズ子、奥でスズ子をみつめる女性に気づく。

食事の場になり、ミネが梅丸のスターさんいうてもそんなジロジロ見られるとお疲れになるんと違いますか?と言われ、スズ子は「そんなスターやあらしまへんから」と答えると、「分かっとるわ そんなこと」というミネ。

菊三郎はもっとぱっりちしておりましたというミネ。スズ子に踊ってもらおうかという治郎丸にミネは、スターさんはタダでは踊らんのやないかなという。


USKのスターが踊りだすぞと治郎丸がいうと、「金毘羅船々」いけまっしゃろ?といい踊りだす。

治郎丸が菊三郎の遺影をもってスズ子の踊りをみる。

調子にのって、治郎丸も踊ると言い出すがトシが辞めるように言うが、「孫と踊って 何が悪いんじゃ!」と言い出す。ミネも菊三郎にそっくりじゃと言い出すと、治郎丸は目元なんか うり四つじゃという。初めて会う孫だという。

スズ子がなんぞかくしてますんのかと、混乱している中、六郎がニワトリをもってきてさらに混沌とする。

さっきまで不愛想だったミネ、トシに羽交い絞めされた治郎丸は、ワシはうそはつけん性分じゃ!という。

スズ子は、ちょっと!ええかげんにしてください!何 隠してるんや〜!というと、タカがスズ子を連れ出し、申し訳ない…このとおりじゃ!というタカ。「あんたは…ホンマは ここの家の子じゃけん。」という。


少し離れたところでこのことを六郎も聞いていた。

タカは、「菊三郎さんの子じゃけん。」という。

改めて、菊三郎の遺影や、治郎丸がよう似とるといった事や六郎が、ワイと姉やんな…ホンマのきょうだいとちゃうでといった事や、ツヤがあの子だけは絶対亡くしたらあかんのや顔向けできんといった事をスズ子は思い出す。

楽天ブックス
¥3,300 (2024/05/15 22:31時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」ほかの週のあらすじは?

当サイトでは朝ドラ「ブギウギ」のあらすじを紹介しています。

ブギウギ今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

をご覧ください。

スポンサーリンク

朝ドラ「ブギウギ」芸名:福来スズ子(花田鈴子)役:趣里

大阪の銭湯の看板娘として花田鈴子は育ちます。

幼い頃から歌ったり踊ったりするのが好きが講じて、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)に入団します。

花田鈴子は、芸名をツヤのアイデアである”笑う門には福来る”からとり、「福来」から「福来スズ子」とします。

歌の才能が出てきた福来スズ子は歌手という道を進んでいき、のちに戦後のスターとなります。

福来スズ子のモデルは笠置シヅ子です。

福来スズ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

スポンサーリンク

朝ドラ「ブギウギ」相関図とキャストは?

上のインスタは相関図です。キャストについては以下のリンクを参照ください。

ドラマの内容そのままに、セリフ満載の完全ノベライズ化「ブギウギ」

楽天ブックス
¥1,650 (2024/05/19 00:39時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「ブギウギ」物語は?

大正時代の末期、大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘、花田鈴子は、歌って踊ることが大好きな明るく純真な女の子です。小学校を卒業した際、鈴子は、「歌と踊りで人々を笑顔にしたい」という思いを抱き、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団しました。一生懸命に稽古に励んだ鈴子は、急速に成長し、抜群の歌唱力で才能を開花させていきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、人気のある作曲家と出会い、鈴子の運命が大きく変わります。鈴子は作曲家の指導を受けることによって、「スウィングの女王」として知られる人気歌手になっていきます。

しかし、戦争が勃発すると、鈴子の状況は一変します。鈴子の歌っていた曲が「敵性音楽」と見なされ、彼女の舞台での歌や踊りは厳しく制限されてしまいます。さらに、鈴子の弟は徴兵され、ちょうどその頃、鈴子の母も病気で亡くなってしまいます。

悲劇が重なり、悩む鈴子の前に、とある青年が登場します。ふたりは恋に落ちて、やがて結婚を誓い合います。しかし、青年の家族は強く反対し、結婚は中々、実現しませんでした。そののち戦争が終わり、鈴子は青年の子を授かります。しかし、青年は病に倒れてしまいます。会うことができず、結婚も果たせぬまま、別れることとなりました。数日後、鈴子はひとりで娘を出産します。

鈴子は娘を育てながら一人で舞台で歌い続けます。そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」という曲です。明るく飾らずに、全身で歌うことが鈴子の真骨頂でした。戦後の傷ついた日本に、彼女の歌声が響き渡ります。鈴子の歌声に合わせて笑顔で歌い踊る人々が全国に広がっていきました。鈴子は「ブギの女王」と称され、日本の大スター歌手への階段を駆け上がっていきます。

スポンサーリンク

ブギウギネタバレ4週あらすじ吹き出し「ワテ、香川に行くで」紹介まとめ

NHKの2023年後期連続テレビ小説:ブギウギについて今後のあらすじを吹き出し紹介しました。

花田鈴子のモデルになった笠置シヅ子については

福来スズ子のモデルは笠置シヅ子です。

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブギウギ
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀