槙野万太郎の植物園!牧野記念庭園で観れる博士命名の植物 | ぼぶたろう流儀
PR

槙野万太郎の植物園!牧野記念庭園で観れる博士命名の植物

練馬区牧野記念庭園へ ようこそ大泉学園
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」の主人公:槙野万太郎のモデルとなった日本の植物分類学の父:牧野富太郎博士。

牧野富太郎博士の終の棲家となった自宅を「我が植物園」とすべく、全国で採取した植物やふるさとの土佐の植物など、色々な植物が植えられました。

牧野富太郎博士亡き後は、「我が植物園へようこそ」と銘打った練馬区立牧野記念庭園として残っております。

庭園には博士が学名を付けたスエコザサがあります。

今回は、牧野富太郎博士の我が植物園で、牧野富太郎博士が命名した植物を中心に紹介します。

牧野富太郎博士の植物学についてはこちらをチェック↓↓

楽天ブックス
¥1,023 (2024/02/17 20:05時点 | 楽天市場調べ)

牧野富太郎博士命名:センダイヤサクラ

センダイヤサクラ
センダイヤサクラ

■センダイヤ
学名:Cerasus jamasakura ‘Sendaiya’
和名:オオヤマザクラ、ベニヤマザクラ
その他の名前:センダイヤザクラ
科名 / 属名:バラ科 / サクラ属

センダイヤサクラは高知県高知市中須賀町にあった仙台屋という商家の庭に植えられていたのでこの名前がつけられた高知発祥の品種の桜です。

ねりまの銘木にも指定されています。

主題歌「愛の花」をチェックする↓↓

楽天ブックス
¥1,100 (2024/02/19 07:38時点 | 楽天市場調べ)

牧野富太郎博士命名:スエコザサ

スエコザサ
スエコザサ

■スエコザサ
学名:Sasaella ramosa(Makino) Makino var.suwekoana (Makino)Sad.Suzuki
和名:スエコザサ
科名 / 属名:イネ科 / アズマザサ属

スエコザサは、アズマザサの変種で、宮城県と岩手県南部に自生しています。

牧野富太郎博士が昭和3年に宮城県仙台市で発見しました。

牧野富太郎とスエコザサ
牧野富太郎博士とスエコザサ

スエコザサは、亡くなった寿衛夫人にちなんで名づけられました。

牧野記念庭園では牧野富太郎博士の胸像をスエコザサが囲んでいます。

牧野富太郎博士命名:オオキツネノカミソリ

オオキツネノカミソリ

■キツネノカミソリ
学名:Lycoris sanguinea
和名:狐の剃刀
その他の名前:キツネノカミソリ
科名 / 属名:ヒガンバナ科 / ヒガンバナ属

牧野記念庭園の夏を代表とする花は、オオキツネノカミソリです。

最初見た時、ユリと曼殊沙華を足して2で割ったような感じだと思いました。

(すみません・・ド素人で・・)

ちなみに、牧野富太郎博士が花の様子を庭で描いたスケッチが残されています。

スポンサーリンク

槙野万太郎の植物園!牧野記念庭園で観れる博士命名の植物まとめ

今回は練馬区立牧野記念庭園で観ることができる博士が命名した代表的な植物を紹介しました。

牧野記念庭園については、「朝ドラ「らんまん」牧野富太郎博士の終焉の地!練馬区の牧野記念庭園」もご覧ください。

また、牧野富太郎博士については、「槙野万太郎のモデル牧野富太郎博士の父母や妻や子供と経歴は?」も併せてごらんください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
大泉学園
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀