PR

虎に翼ネタバレ1週あらすじ吹き出し「女賢しくて牛売り損なう?」

朝ドラ「虎に翼」ネタバレあらすじ!吹き出しで紹介!来週・明日・今日どんなかんじかな?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」のネタバレあらすじ第1週を私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

虎に翼ネタバレ週あらすじ吹き出し

第1週の週タイトルは

「女賢しくて牛売り損なう?」です。

(おんなさかしくてうしうりそこなう)

来週の虎に翼の第1週「女賢しくて牛売り損なう?」について

ぼぶたろうの吹き出しを交えて紹介いたします。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじを紹介します。

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」(1)

昭和6年・東京。女学校に通う猪爪寅子(伊藤沙莉)は父・直言(岡部たかし)、母・はる(石田ゆり子)から次々とお見合いを勧められる。

女学校を出たら結婚し、子どもを産み、家庭を守るのが当然とされていたからだ。

だが、納得できない寅子。やりたいことはないものの、結婚するのも何かが違う…。

同級生で親友の花江(森田望智)に「親不孝」と言われ、三度目の正直と意気込んだお見合いの席で、寅子は調子に乗ってしまう。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

昔ながら、女は子を産み、家庭を守るという風習に腑に落ちない寅子は、梅丸少女歌劇団に入ろうと家出を実行するが転んではるに見つかってしまい、兄の直道から書生の佐田優三に惚れていると突っ込まれると全力で否定し、女学校で学んだことを活かせないか考えた挙句、寝不足でお見合いで居眠り・・案の定・・お断りをうけてしまう。
 
寅子が女学校からの親友:森谷花江に「結婚は女の幸せ」ということに腑に落ちないというと、結婚するのが親孝行という風習におこちゃまだったのとディスられ、再度、帝大卒のエリートの横山太一郎とお見合いとすることになる。
 
対等に尊敬し合える人と一緒になりたいと思いがつよくなり、話が盛り上がっていくうちに、脈ありと感じ婦人の社会進出について、エアガールと言った客室乗務員などを挙げ、マウントをとり寅子の博識に嫌気がさしたのか太一郎から「講釈をたれているのか?女のくせに生意気だ」といわれまた縁談を断られてしまった「はて?」、直道までの婚約までには何とかしたかったというはる、破談に持ち込むつもりだったんだろという直道。

・「先の大戦」とは第一次世界大戦のことで、誤解を避けるために注意が必要ですね。

・当時の女性は職業選択肢が限られていました。歌劇団は女性にとって輝ける場と考えられたのかもしれません。

・寅子は教師を志望しており、女性教師の存在が身近に感じられる職業だったのかもしれませんね。

・お見合いが決まった段階で覚悟を決めることに疑問。。

・寅子が家出する前に、職業婦人としてのビジョンを示してほしかったという意見や、お見合いを諦めるべきだったのではないかという意見も。

・寅子の博学さを評価しつつも、仲人からの断りを受けて落胆する場面に対する感想や、男女平等を訴える意見もあります。

・お見合い相手の女性がしゃべりすぎて怒鳴って席を立つことに違和感を示す意見や、自己主張を期待する声もあります。

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」(2)

寅子(伊藤沙莉)がお見合いに苦戦するなか、親友の花江(森田望智)は寅子の兄・直道(上川周作)との結婚準備を順調に進めていた。

在学中に結婚することが夢だった花江。

寅子には女性が当然歩むべきとされる道がピンとこない。

そんななか、大学の夜間部に通う下宿人・佐田優三(仲野太賀)に弁当を届けに行った寅子は、教授・穂高重親(小林薫)、裁判官・桂場等一郎(松山ケンイチ)と出会う。

この出会いが寅子の運命を変える。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

寅子が女学生の時に、家に遊びに来た花江に一目ぼれした兄の直道、形式上お見合いをして、「女学校在学中に結婚することが夢だった」花江が猪爪ファミリーにはいる準備をし、同級生の親友:花江の両親や仲人:高井理事を呼んで晩餐会する最中、段取りをしたのははると花江の花なのにスンとする寅子は自身の結婚が幸せにつながるとはまだふにおちていなかった。
 
ちなみに、下宿人の佐田優三は直明が産まれてしばらくして、早くを両親を亡くし天涯孤独となってしまい父の遺志をついで大学で法律を学ぶ下宿人で、昼間は直言の帝都銀行ではたらき夜は明律大学の夜学に通う高等試験司法科(今の司法試験)の浪人中である。
 
ある日、母のはるが親戚の不幸でふるさとの丸亀に帰ることになり、谷中家の女中の稲が助っ人としてやってくる、が、佐田優三の弁当を作り忘れて、教室まで届けに来た寅子の耳に「婚姻状態にある女性は無能力だ」と聞こえ「はあっ?」という寅子、その場にいた穂高重親が言いたいことがあるならいいたまえというと、怒られると身構える寅子。

・クーリエ(Courier)は仏語由来で「添乗員」「案内人」といった意味で、
エア・ガール、キャビンアテンダント(CA)は和製英語

・主人公の家庭は裕福で、家事と仕事を分担することが効率的だ

・お金持ちのお嬢さん育ちからのスタートは気になったが、
これからの展開によっては面白くなりそうだ

・仲野太賀さんの演技の「間」が良い

・小林薫さんが出るだけで空気が変わり、明日が気になる終わり方だった。

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」(3)

教室から聞こえた「女性は無能力者」という言葉に思わず反応してしまった寅子(伊藤沙莉)は、教授の穂高重親(小林薫)と臨時講師の裁判官・桂場等一郎(松山ケンイチ)と出会う。

法律に強い関心を持つ寅子に「明律大学女子部法科」へ来いと言う穂高。

そこは、女性も弁護士になれる時代が来ることを見越した女性のための法律の学校だった。

希望を見いだした寅子は、母・はる(石田ゆり子)が実家に帰っている間に出願しようと企む。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

寅子は「女は無能?」と問うと、桂場は「責任能力が制限される」と答え、法律上のことについて「はて?」と腹落ちしない寅子に穂高から講義を聴くように勧められて受講し、穂高から感想を聞かれ、結婚について腑に落ちないことや母がスンッとなる事に理由があることが分かり、それがわかれば何かできることがあるかもと答えると、法律に向いていると穂高は言う。

穂高は明律大学の女子部法科に入学し、3年学べば男子と同様に法学部になれるからと進言し、それを父:直言につたえると、よく思いついたと褒め、賛成し、母親を説得させるから、香川から帰ってくる前までに願書を提出した。
 
女学校の先生に願書を提出することについて相談すると、6年かかると言われ大丈夫か聞かれた寅子と直言、嫁の貰い手も心配され、はるが香川から帰ってきてくると願書を出したことを切り出せない直言に、寅子は母親が怖いの?といわれてしまい寅子から話そうとするが、直道に一目ぼれした花江から、ほしいものがあるならしたたかに行きなさいと、式が終わり年を越すまで待つように言われる。

・明治時代には男性にも徴兵制があり、女性にも男性にも法的な制限が今よりもあったという視点から、その部分がドラマでどのように描かれるかに注目が集まっています
 
・伊藤沙莉さんの困り顔の演技が上手い
 
・直道がバケツに水をかぶっても大丈夫って、寛容がでかすぎ。

・猪爪家の住所が東京府東京市麻布區笄町・・・

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」(4)

味方のはずの直言(岡部たかし)も頼りにならず、寅子(伊藤沙莉)ははる(石田ゆり子)に女子部の話を切り出せない。

そうこうするうちに花江(森田望智)と直道(上川周作)の結婚式が迫る。

式が終わるまで大人しくしていてと花江に釘を刺された寅子は、「したたかに」ふるまう作戦に出る。

しかし、重要な場面で男性の横で取り澄ましている女性の姿には納得できない寅子。

式が終わり、いよいよ寅子ははるの説得を決意するが…。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

はるが戻ってくるが、直言はたよりないので寅子の明律大のことは伝えることができな状態であり、自分から話そうとする寅子であったが、止めに入る花江、義理の母、はるの機嫌をとるため、結婚式がおわるまでは黙ってほしいをお願いをされた。
 
結婚式当日、はるが結婚ていいでしょ?いい結婚式にしてあげるといってくれた一方、でーすいした直言から歌を歌わされれ、「モン・パパ」を歌う寅子で大盛り上がり、改めて、はるの言う通り、結婚は悪くない・・とは思えないというのも、分の幸せがあるとは到底思えない、何で女はスンッとしているだと思う。
 
花江と兄直道の結婚が終わり、花江からも了承をえたので、寅子の入学の話をしようとすると、そこに穂高がやってきた、というのも、ゼミナール旅行ではるの実家の旅館にもいった事があり、直言の恩師でもあったのだ「猪爪君の娘か」といい、君にふさわしい場所だから合格だと口を滑らせ母親のはるに入学がバレてしまう、鬼の形相になるはるの硬直する寅子、家に帰ってお見合いはしたくないと言い、結婚が良いものだとは思えず、穂高からもっと話せと大人扱いしてくれたのは初めてだという。

・寅ちゃんが梅丸歌劇団に仮に入れたとして、美しい女性が観客に歌舞音曲を披露する事を女性の社会進出と銘打ってよいのかな・・

・寅子が歌った歌詞の内容が・・ある意味すごい・・

朝ドラ「虎に翼」第1週「女賢しくて牛売り損なう?」(5)

穂高(小林薫)に出くわしたことで女子部への出願がはる(石田ゆり子)にばれてしまった寅子(伊藤沙莉)。

娘に普通の結婚を望むはるは、弁護士を目指すなど当然大反対。

必死に説得しようとする寅子に、はるは現実の厳しさを教え、明日改めて振袖を買いに行こうと提案する。

翌日、母との待ち合わせ場所で寅子は裁判官の桂場(松山ケンイチ)に再会。

母を説得する方法を尋ねると、「私も女子部進学には反対だ」と言われてしまう。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

母親のはるから、自らの半生について女学校にいけず独学したことや旅館をおもってはなれたくなかったなど、「自分の子供の幸せを一番に考えられる母親」の価値観など行き遅れて嫁のもらい手がなくなり、頭の悪い女のフリをするしかなとを寅子に説明をするが寅子の心には響かず「必死に家の事しても他人の前では スンッとして地獄だ」と言われたはるショックを受け、あなたはそんな風に見てたのといわれ、正真正銘の親不孝だと思った寅子。
 
翌朝、はるから振袖を買うから甘味処「竹もと」に行こうとさそわれ、行ってみたら桂場がいて、寅子が法科への道が開けたことにお礼を言い母親に反対をされて先生ならどのように母を説得するか聞くと、穂高の意向はすばらしいが、甘々の環境でそだった寅子の女子部進学を時期早々で、優秀な男と肩を並べて戦わなければならないから反対だといわれた寅子。
 
そんなやりとりを聞いていたはるがおだまりなさい!とやってきて、そうやって女性の活躍の機会をつぶしたの男だ!無責任に娘の口をふさぐなといい、甘味処を去るはると寅子、帰り道で、振袖を買わず、若造が腹が立つ!と法学専門書店にはいって六法全書を買うはるは人生に悔いはない、新しい昭和の時代に自分の娘にはスンッとしてほしくないと思った、何度でもいうお見合いをした方がいいよ、そうでないと地獄行よというはるに、寅子は地獄へ行く覚悟があると伝え納得するはる。

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」のあらすじは?

当サイトでは「虎に翼」のあらすじを紹介しています。

>>>朝ドラ「虎に翼」あらすじ一覧

をご覧ください。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/04/18 22:08時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

虎に翼ネタバレ1週あらすじ吹き出し「女賢しくて牛売り損なう?」!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀