PR

虎に翼ネタバレ13週あらすじ吹き出し女房は掃きだめから拾え?

朝ドラ「虎に翼」ネタバレあらすじ!吹き出しで紹介!来週・明日・今日どんなかんじかな?虎に翼
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」のネタバレあらすじ第13週を私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

虎に翼ネタバレ週あらすじ吹き出し

第13週の週タイトルは

「女房は掃きだめから拾え?」です。

来週の虎に翼の第13週「女房は掃きだめから拾え?」について

ぼぶたろうの吹き出しや感想を交えて紹介いたします。

虎に翼のドラマガイド

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天ブックス
¥1,430 (2024/07/19 15:03時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

猪爪寅子のモデルになった三淵嘉子のドラマ「虎に翼」
公開されたあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」61話

寅子(伊藤沙莉)は「特例判事補」になり仕事が増えて大忙し。

多岐川(滝藤賢一)は家庭裁判所の存在を広く知ってもらうために「愛のコンサート」を開くと言いだし、出演歌手の交渉を寅子に任せる。

ある日、家庭裁判所の当番を担当した寅子のもとにやってきた女性・元山すみれ(武田梨奈)の相談は、寅子のよく知る人物の家庭に関わるものだった。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

判事がする仕事を特例で行える、人手不足のために作られた制度の特例判事補になり家事部の審判もやるようになった寅子、花江は猪爪家を支えていていて、汐見のヒャンちゃんこと香子は女の子「薫」を出産する折、東京家庭裁判所の独立庁舎が完成、多岐川の号令により、3か月間、家裁広報月間として「愛のコンサート」をやることに歌手をさがす寅子。
 
東京家裁の相談室には、失踪宣告、就籍、養子縁組、離婚とさまざまな事情を抱えた人が集まりまり、寅子は旦那様が突然亡くなったある妾に相談にのったが、お妾さんには遺産相続の権利が無いことを告げると遺言の存在と内容を確認として、検認してもらうよう遺言を残したと言い、その検認をする寅子は「亡 大庭徹男」に目がとまり、検認が始まるとそこには梅子がおり、光三郎も大きくなっており、遺言には「元山すみれに全財産を遺贈する」と記されていた。
 
戦前であれば、家長となる長男徹太が相続するのだが、新しい民法では、正式な遺言がなければ、妻:梅子が1/3、残りの財産を息子たちが3人で均等に分けることになり、また、母と子供たちは、父親の財産の1/2を遺留分として請求できることが保障されていた。

・ヒャンちゃん&汐見、出産おめ。

・コロンコロン・・・・てコロコロンレコード?

・梅子のドロドロ劇開幕です・・・

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」62話

元山すみれ(武田梨奈)が持つ遺言書の検認に立ち会うためにやってきたのは、梅子(平岩紙)と三人の息子たち、そして義理の母・常(鷲尾真知子)だった。

寅子(伊藤沙莉)は梅子との再会を喜び、轟(戸塚純貴)とよね(土居志央梨)の事務所に案内する。

一方、猪爪家では花江(森田望智)が一人で家族全員を支える状況が続いていた。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

梅子は三男の光三郎と大庭家にもどり、10年以上病になった夫の世話をしたが、亡くなってしまい、梅子、姑、三人の子ども、妾で財産分与でもめていたが立場上寅子は踏み入ることはできないが裁判所務めにびっくりする梅子は高等試験を受けずごめんなさいねというと、寅子は感情を抑えきれず、梅子に抱き着いて喜んだ後、轟法律事務所へ案内すると無事でいてくれたことにめでたい涙を流しながら喜ぶ轟をよそにアホというよねは、大庭の家にいるのか聞くと、光三郎と逃げたけど10日もたたないうちに見つかり連れ戻されたと言う梅子。
 
もうおしまいだと思ったら夫が倒れ、体にマヒが残り、世話をする人が必要になり離婚届は提出されていなかったと謝る梅子に、梅子が新しい民法を知っていることに嬉しいという寅子は時間だと去ると、轟とよねの口喧嘩が始まるが、懐かしいという梅子、家裁に戻ると、梅子の件は調停委員が間に入り各々の言い分を聞く調停後、まとまらなければ裁判官による審判に移ることになると話すと、多岐川がやってきて判事補兼家庭局事務官なんだと言い、愛のコンサートの会場探しに連れ出される寅子、多岐川は東京ブギウギを歌う福来スズ子がいいと言うが、呼べるわけないでしょという寅子。
 
猪爪家は花江が頑張るが心配する直明、後日、大庭家に行く轟とよね、遺言について証人の住所が違う点を指摘し、証人3人以上の立ち会いが必要であることを話し、証人を偽装したなら、遺言書は無効だと報告し、有印私文書偽造罪に問われる恐れもあると、妾はバレたかといい、轟は法律上の相続人だけになったという、妾がいなくなったあと大庭家の三兄弟で言い争いになり、梅子が遺産を放棄しろとまで言われてしまうが、放棄しませんとはっきり言う梅子、家裁の調停にもちこまれることになった。

・うめこさぁ~ん

・妾アウト!

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」63話

大庭家の問題は解決せず、家庭裁判所に調停の申し立てが行われた。

梅子(平岩紙)は息子たちが遺産を均等に分けることを望むが、長男・徹太(見津賢)は他の兄弟に相続放棄を迫る。

当初は徹太の相続に同意していた常(鷲尾真知子)だったが、長男夫婦の世話にはなりたくない、三男・光三郎(本田響矢)により多く相続してほしいと言いだす。

裁判官としてしか関われない寅子(伊藤沙莉)は梅子を案じていた。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

調停では助言や提案をして解決を目指すのですが・・長男徹太が主張を変えず、轟から遺産をもらう権利があり、息子さんとの交渉がうまくいくよう策を考えるといわれるが、子供たちには3人で手を取り合って生きてほしいと平等に相続されるようにしたいと伝える梅子、梅子よねと轟のもとに連れて行った。

大庭家では、梅子が仕事を徹次に紹介するが傷が痛むと言い断り、「俺を置いて逃げたくせに」と言い返すと、光三郎がやってきて「お母さんと一緒に行きたくないって言ったじゃないか」と言い出し謝る梅子、後日また調停で、話がこじれそうなため、調停委員に頼まれ裁判官の寅子も同席し、梅子の姑は光三郎の扶養に入りたいと言いだすと光三郎の気持ちを無視するなと釘をさす梅子に「お母さんに意地悪しない、命令しないならいいよ」と言い出す光三郎に約束するという姑。

調停後、家裁の関係者が、長男が納得しないから審判に回さらざる得ないと話し合うが梅子が女子部で学んでいたことは、離婚して、自分の手で子供たちを育てたたく、離婚も親権も得ることはできなかったが光三郎を立派な青年に育てたと改めて理解し嬉しくなる寅子は、多岐川と一緒に家裁の広報月間の一環でラジオ出演することになった。

大庭家の調停をする根本さんは・・前々作「らんまん」の分家ズのひとりですね。

ニトリのNクールのCMにも出演されています。

それにしても6月なのにもう30度越え・・・

Nクールをチェックしてみてはいかがでしょうか?

・光三郎が良い子を演じていてすごくあやしい・・

・優未ちゃんの寝顔をみたら疲れ何て吹っ飛ぶね。

・道男と花江、結ばれるんじゃね?

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」64話

寅子(伊藤沙莉)と多岐川(滝藤賢一)は代議士・立花幸恵(伊勢志摩)とともにラジオ番組に出演。家庭裁判所の存在は広く知られるようになる。

寅子の活躍の一方で、よね(土居志央梨)、轟(戸塚純貴)、そして梅子(平岩紙)は予想もしていなかった事態に直面していた。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

ラジオで多岐川が家裁は子供を刑務所に入れる裁判をするところでなく、真人間に立ち返らせて犯罪を犯すことがないよう保護していることを訴え寅子は、世の中の不条理に対し、婦人が家裁で戦うできたことを訴え、家庭裁判所主催愛のコンサートを開催することを伝える多岐川

街中を歩いた寅子と小橋は、抱き合っている二人をみたが、よく見ると・・じつは・・ウラで光三郎と妾のすみれが抱き合っていた、早速、轟とよねに報告する寅子、よねははっきりさせるだけだと言い、光三郎も妾のすみれを幸せにしたいと知った梅子は急に笑い出し、結婚も家族の作り方も息子たちの育て方も失敗だと降参といってすべてを放棄し、民法第730条に従い、自分の人生を生きていきましょうと「ごきげんよう」といって大庭家をでていった、よねにも満足した顔となった。そして、相続は3人の息子で3等分に財産を相続することで合意し、竹もとで、裁判官と相続問題の関係者という間柄でなく、花江と梅子と寅子は昔のようにおしるこをすすれるようになった。
 
寅子がラジオ局にいったらライアンと茨田りつ子がおり、ライアンからのお願いで愛のコンサートに出てくれないか頼むといきなり、ポスターにぴったりだ写真と撮りだす多岐川に状況をりかいしていないりつ子、殿様判事の驚くべき交友関係で茨田りつ子の出演が決定、家裁のポスターも快く受け入れた

・オープニングみたら「茨田りつ子」の文字が・・

・梅子さんの笑い・・怖い・・というよに今までつらかったね・・吹っ切れた?

・ライアンどんな人脈かよww

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」第13週「女房は掃きだめから拾え?」65話

「愛のコンサート」に出演する歌手が決まり、一安心の寅子(伊藤沙莉)。

花江(森田望智)は梅子(平岩紙)にある秘密を告白する。

梅子の言葉から、これまで一人で頑張り過ぎていたと考えた花江は、直明(三山凌輝)や子どもたちに「手抜きをさせてほしい」と提案する。

dimora.jp
ぼぶたろう
ぼぶたろう

花江と梅子と寅子が竹もとでワイワイやっている中、多岐川から呼び出された寅子は中座し、毒饅頭を作った話で盛り上がる花江と梅子、花江が悩みを持っているを察した梅子は花江から、息子の直人から道男と一緒になってよいことを言われたことを話し、道男がくると夢で直道が出てくることを話し、お母さんが笑って暮らせるなら幸せをつかんでほしいと言う直人のことを話すと、「良い母になんてならなくてよく、自分だけでなく誰も幸せなんてできない」という梅子。
 
愛のコンサート当日、りつ子から子供がいるから働い手要るのかと言われた寅子は「自分の仕事、法律が好きだ、困ってる人たちの手助けができる最高の仕事、裁縫は下手」と語る寅子は、りつ子からライアンから頼まれなくても絶対に引き受けたといい、「あなたと同じ、この仕事が好き、裁縫が苦手」と伝え、愛のコンサートで「雨のブルース」を歌った後、りつ子が人助けを最高の仕事だから東京在住のご婦人は佐田寅子を訪ねてと生放送された後、花江が手抜きをさせて、手分けして助けてほしいとお願いをし、家裁では愛のコンサートが成功し、多岐川から愛のコンサート第2部の開幕だと、佐田歌えと「モンパパ」を歌わされる。
 
寝床に入った花江、「は・な・え・ちゃん!」と夢の中で直道に呼び出された花江は「直道さんがずっとそばにいてくれてるって。」というと、「分かってくれているって俺には分かってたよ。」と言い返す直道、そして飲みすぎた寅子は、翌日寝坊をする。

茨田りつ子さんをチェックする!

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」物語は?

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が設立されました。

そこには、当時の社会に馴染めず、不安や抑圧を感じる女性たちが集まりました。

その中には、物語の主人公である猪爪寅子(いつのめ ともこ)も含まれています。

彼女たちは、他人から「魔女部」と呼ばれるような場で法律を学び、

自分たちの道を切り拓く決意を持ちました。

昭和13年(1938年)、その学校から日本初の女性弁護士が誕生しました。

寅子もその一人であり、彼女たちは全国的に注目される存在となりました。

しかし、彼女たちが弁護士として社会に出ると、日本は戦争への道を進んでいました。

彼女たちは法律の知識で羽ばたく翼を得たのに、その活躍の場が急速に奪われていきました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失っていました。

生きてゆくために、ただ一つ頼りになるのは、学んだ法律だけでした。

彼女は裁判官になることを決意し、

戦争で失った親や苦境に立たされた女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官になりました。

彼女とその仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

朝ドラ「虎に翼」のあらすじは?

当サイトでは「虎に翼」のあらすじを紹介しています。

>>>朝ドラ「虎に翼」あらすじ一覧

をご覧ください。

朝ドラ「虎に翼」キャストと相関図は?

朝ドラ「虎に翼」の相関図です。

キャストは

>>>朝ドラ「虎に翼」キャスト・相関図一覧

をご覧ください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/07/19 08:37時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

虎に翼ネタバレ第13週あらすじ吹き出し「女房は掃きだめから拾え?」!まとめ

NHKの2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主役の猪爪寅子については

>>>猪爪寅子のモデル三淵嘉子の父母や夫や子供と経歴!虎に翼

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虎に翼
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀