PR

ブギウギネタバレ22週あらすじ吹き出し「あ~しんど♪」

連続テレビ小説朝ドラ・ブギウギ今後のあらすじを吹き出しで紹介!ブギウギ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHKの2023年後期連続テレビ小説:朝ドラ「ブギウギ」の今後のあらすじを私ぼぶたろうの吹き出しを交えながら紹介します。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」について、週タイトルは、

  • 第22週「あ~しんど♪」

です。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」の公開された今後のあらすじについて詳しく紹介します。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」の後半のガイドはこちらから↓↓

スポンサーリンク

【連続テレビ小説】ブギウギとは?

歌を楽しもうと趣里さんが歌う主題歌ハッピー☆ブギは↓↓

楽天ブックス
¥1,500 (2024/04/22 19:02時点 | 楽天市場調べ)

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」

ぼぶたろう
ぼぶたろう

福来スズ子のモデルになった笠置シヅ子のドラマ「ブギウギ」。
公開されたあらすじを紹介します。

家政婦の大野(木野花)がスズ子(趣里)のもとにやってきて半年、愛子もすっかり懐いている。スズ子は、これまで以上のヒット曲を求められ、羽鳥善一(草彅剛)とともに悩んでいた。そんな時、村山トミ(小雪)が亡くなったとの連絡が入る。スズ子と愛子と山下(近藤芳正)は、大阪へ行き、葬儀に参加する。その後、山下が急にマネージャーを辞めたいと切り出す。そして、新しいマネージャーがやってくる。

Yahoo!TVより

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」(102)ネタバレあらすじ

大野(木野花)が家政婦としてスズ子(趣里)の家に来て半年、愛子(小野美音)はニンジンを食べられずにスズ子を困らせていた。大野はそんな愛子を見て、スズ子が仕事に出ている間にとっておきの食べ方を教える。一方、スズ子はコロンコロンレコードでの打ち合わせの帰りに、大野を紹介してくれたお礼をしに茨田りつ子(菊地凛子)のもとを訪ねる。そこでスズ子は、大野とりつ子の過去の話を聞くことになる。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

大野は愛子の人参嫌いを克服するため、すり鉢で人参をつぶし始めると愛子もつぶしたくなり、砂糖やごはんを入れて、「んめえぞ」とがっぱら餅を作ってあげ、人参たべると美人になるよと言われた愛子は食べてみると・・・「おいちぃ」といい、大野はマミーには内緒だと約束する。

スズ子はコロコロンレコードでの打ち合わせの後、茨田りつ子の楽屋へ行き、大野は茨田りつ子の呉服店の女中で、小さい頃からりつ子に向き合っており、夫が亡くなり息子と嫁と孫を戦争で亡くしたことを知るスズ子は、大野を家族の一員としてみるようになり帰宅するなり、大野と愛子とスズ子で買い物へ行く。
 
ある日、山下が真相婦人の雑誌を手にして、スズ子の家にやってきて、そこにはタナケンが足を悪くし、公演が取りやめになったことが書かれて驚くスズ子。

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」(103)ネタバレあらすじ

タナケン(生瀬勝久)が入院したと聞き、スズ子(趣里)と山下(近藤芳正)は見舞いに行くことにする。訪ねてきたスズ子に対して、タナケンは右足の古傷が悪化して立つのもつらいと言い、自分が客から忘れ去られてしまうのではないかと話しだす…。しばらくして、スズ子は、新曲の相談をしに羽鳥善一(草なぎ剛)を訪ねる。しかし、羽鳥はブギのモチーフはネタ切れになってしまったと言う。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

山下とお見舞いに行くと、医者から半年の休みが必要だと言われるが、立ってもつらい状況でおあるが、舞台から離れている間に忘れられ、自分の立場を奪われ、お客を楽しませたいと納得いかないタナケンは、復活して見せるという気概を見たスズ子はやる気を起こす。
 
スズ子が羽鳥善一の家に行くと、カツオがピアノを演奏しており、善一が指導をしていたが、カツオは宿題があるから勘弁してくれとそのまま部屋をでていき、スズ子に音楽にのめりこめる時間が分かっていないと嘆く善一。

コロコロンレコードからこれまで以上のヒット曲とプレッシャーを受けているスズ子は、新曲のことを聞くと、ブギがネタ切れと言われ、帰り際、大野から頼まれた買い物を頼まれたスズ子をみて、善一は何かひらめいた、家に帰ると山下がおり、村山興業の本社から連絡があり、昨晩トミがなくなったことを告げ後日参列するスズ子。

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」(104)ネタバレあらすじ

村山トミ(小雪)が亡くなった。スズ子(趣里)は愛子(小野美音)を連れて葬儀に参加し、久しぶりに坂口(黒田有)や矢崎(三浦誠己)とも再会する。一方、長年トミと仕事をともにしてきた山下(近藤芳正)は、遺影の前にたたずみ、ある重大な決断をしようと心に秘めていた。数日後、スズ子は羽鳥善一(草なぎ剛)から新曲を渡される。これまでになく難しい歌に練習を繰り返すスズ子のもとに、山下が改まって訪ねてくる

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

坂口や矢崎からトミの病状は愛助の時と同様、スズ子にも社外秘で、トミがスズ子の歌やタナケンの映画を見たことを伝えつと会いたかったと後悔するスズ子。
 
後日、羽鳥善一から「買物ブギー」の譜面が渡され、歌詞も善一が書いてテンポと休符がとりづらい曲に懸命に練習するスズ子、そんな様子に体を心配する大野
 
トミの逝去で気が抜けてしまった山下、スズ子にマネージャーを辞めさせてほしいというとあかんというスズ子に、心の糸がきれてしまったという山下、納得いかないスズ子にお役御免だという山下はこれからの人と仕事をすべきだと、代わりのマネージャーを紹介する。

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」(105)ネタバレあらすじ

スズ子(趣里)のマネージャーを辞めるという山下(近藤芳正)は、新たなマネージャーとして自分の甥(おい)の柴本タケシ(三浦獠太)を連れてくる。初めは拒むスズ子だったが、どうしても辞めるという山下に押され、しぶしぶタケシをマネージャーとして受け入れることに。翌日、スズ子はタケシを連れて、完成した新曲「買物ブギ」を受け取りに、羽鳥善一(草なぎ剛)を訪ねる。しかし、タケシの頼りなさが露呈してしまう。

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

山下が、愛助やトミが亡くなりモチベが下がったからマネージャーを辞め、代わりに山下のおいの柴本タケシを紹介し、今は柴本はいま何もしていないと言うが「やる気あります!」という、山下自身は辞める気持ちは変わらないという言葉にワンマンショーを控えたスズ子は心配する。
 
羽鳥善一のことを知っていると適当な回答をし柴本タケシは頼りないが、仕方なく迎入れるスズ子、「ややこし」のフレーズが入って「買物ブギー」も形になってききたが、羽鳥善一が参加できないとワンマンショーに向けて気合が入る、が、タケシは稽古場でうたたねするなど頼りないところに不安を感じるスズ子、やる気あるのかと叱咤する。
 
スズ子が稽古中、山下がスズ子の家にやってきて、大野にスズ子には若い人を引っ張ってほしいと話し出し、愛助の話をしはじめ、つらいと共感する大野、心配しかけた山下は大丈夫だと声を掛け、愛子が生まれつらい思いを忘れ、「スズ子には不思議な力がある人だ」と伝え、タケシにスズ子のことを託したという。

【連続テレビ小説】ブギウギ 第22週「あ~しんど♪」(106)ネタバレあらすじ

ワンマンショーに向けて稽古や衣装合わせが続くなか、スズ子(趣里)は新しいマネージャーのタケシ(三浦獠太)に不安を感じていた。スズ子が大野(木野花)にタケシのことを相談すると…。そして迎えたショー当日、タケシは寝坊で遅刻してしまう。楽屋にやってきたタケシに、スズ子は自分のステージをよく見とくようにと伝える。山下(近藤芳正)がそばにいないなかで臨む舞台、新曲「買物ブギ」が会場を席けんする!

dimoraより引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

大野にマネージャーのタケシのことを聞くと若いしい愛子がなついているからいんじゃないのといい、山下はスズ子を見捨てたわけではない、あの子を信じてあげたらと説得させる、そして、ワンマンショー初日にタケシは寝坊をしたスズ子の家に行くと、大野がスズ子が一人で出かけたことを告げる、クビだと悩むタケシに大野は正直にぶつかって懸命に働けといい、スズ子が待っているという。
 
ワンマンショーの楽屋についたタケシは解雇覚悟で、遅刻したことや音楽が好きなことは嘘であることについてスズ子に謝罪すると、「ようみときや」と言い、ステージに出て行った。
 
新曲「買物ブギー」を歌い、終わりの「あ~しんど♪」に客席は大満足、客席には有楽町のおミネの仲間や山下がいて、感動するタケシに「お客さまを楽しむのが歌の仕事で、ワテはいろいろな人からおしえてもらってきてはる、こんどはワテがアンタに教える番や、一緒にがんばろうな」と手を出すスズ子にマネージャーのタケシは「よろしくお願いします。」と答えた。

【連続テレビ小説】朝ドラ「ブギウギ」ほかの週のあらすじは?

当サイトでは朝ドラ「ブギウギ」のあらすじを紹介しています。

ブギウギ今後のあらすじを吹き出しで紹介!ネタバレ一覧!

をご覧ください。

スポンサーリンク

朝ドラ「ブギウギ」花田鈴子役:趣里

大阪の銭湯の看板娘として花田鈴子は育ちます。

幼い頃から歌ったり踊ったりするのが好きが講じて、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)に入団します。

花田鈴子は、芸名をツヤのアイデアである”笑う門には福来る”からとり、「福来」から「福来スズ子」とします。

歌の才能が出てきた福来スズ子は歌手という道を進んでいき、のちに戦後のスターとなります。

福来スズ子のモデルは笠置シヅ子です。

福来スズ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

楽天ブックス
¥2,750 (2024/04/20 19:55時点 | 楽天市場調べ)

朝ドラ「ブギウギ」相関図とキャストは?

上のインスタは相関図です。キャストについては【ブギウギキャスト一覧相関図!】をごらんください。

ドラマの内容そのままに、セリフ満載の完全ノベライズ化「ブギウギ」

楽天ブックス
¥1,650 (2024/04/20 11:44時点 | 楽天市場調べ)

朝ドラ「ブギウギ」物語は?

大正時代の末期、大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘、花田鈴子は、歌って踊ることが大好きな明るく純真な女の子です。小学校を卒業した際、鈴子は、「歌と踊りで人々を笑顔にしたい」という思いを抱き、道頓堀に新しくできた歌劇団に入団しました。一生懸命に稽古に励んだ鈴子は、急速に成長し、抜群の歌唱力で才能を開花させていきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、人気のある作曲家と出会い、鈴子の運命が大きく変わります。鈴子は作曲家の指導を受けることによって、「スウィングの女王」として知られる人気歌手になっていきます。

しかし、戦争が勃発すると、鈴子の状況は一変します。鈴子の歌っていた曲が「敵性音楽」と見なされ、彼女の舞台での歌や踊りは厳しく制限されてしまいます。さらに、鈴子の弟は徴兵され、ちょうどその頃、鈴子の母も病気で亡くなってしまいます。

悲劇が重なり、悩む鈴子の前に、とある青年が登場します。ふたりは恋に落ちて、やがて結婚を誓い合います。しかし、青年の家族は強く反対し、結婚は中々、実現しませんでした。そののち戦争が終わり、鈴子は青年の子を授かります。しかし、青年は病に倒れてしまいます。会うことができず、結婚も果たせぬまま、別れることとなりました。数日後、鈴子はひとりで娘を出産します。

鈴子は娘を育てながら一人で舞台で歌い続けます。そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」という曲です。明るく飾らずに、全身で歌うことが鈴子の真骨頂でした。戦後の傷ついた日本に、彼女の歌声が響き渡ります。鈴子の歌声に合わせて笑顔で歌い踊る人々が全国に広がっていきました。鈴子は「ブギの女王」と称され、日本の大スター歌手への階段を駆け上がっていきます。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/04/20 10:32時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

ブギウギ今後のあらすじについて吹き出し紹介まとめ

NHKの2023年後期連続テレビ小説:ブギウギについて今後のあらすじを吹き出し紹介しました。

福来スズ子のモデル笠置シズ子については

>>>福来スズ子のモデル笠置シヅ子の父母や夫や子供と経歴は?

をご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ブギウギをDVDでみる↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブギウギ
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀