PR

ムラサキカタバミ食べるのや毒性は?根絶法や花言葉らんまんあらすじ

牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル大泉学園
牧野記念庭園内の牧野富太郎のパネル
記事内に広告が含まれています。
ぼぶたろう
ぼぶたろう

NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」第25週タイトルになっている「ムラサキカタバミ」について調べました。

ムラサキカタバミは、カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名はOxalis debilis Kunth, 1822です。別名はキキョウカタバミ、 紫片喰、Violet wood-sorrel、 桔梗片喰です。

ムラサキカタバミは

  • ムラサキカタバミは毒性が無いが、食べすぎるとシュウ酸でお腹が緩くなる
  • 食べられる部分が少ないがムラサキカタバミの根などを食べることができる
  • 繁殖力が強い(生態系を壊す恐れがあるため要注意外来生物に指定されています)

など特徴があります。繁殖力が強いということは食べて駆除するか以下の方法があります。

・除草剤を使う

・防草シートを使う

スポンサーリンク

ムラサキカタバミは、南アメリカ原産ですが、江戸時代末期に観賞用として入ってきて、日本に広く帰化しています。

ムラサキカタバミの開花時期は春から秋にかけてであり、5月から10月に花を咲かせることが多いようです。ただし、気候や品種によって開花時期が異なる場合があります。

ムラサキカタバミの花言葉は、「輝く心」「喜び」です。

今回は、ムラサキカタバミについて、花言葉や由来や、NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」第25週の週タイトルにもなりましたので、そのあらすじとして概要を紹介します。

🌸「ムラサキカタバミ」が収録された「らんまん 完全版 DVD-BOX3」をみる↓↓

楽天ブックス
¥16,720 (2024/06/11 06:42時点 | 楽天市場調べ)

ムラサキカタバミは毒性はある?食べるのは大丈夫?

ムラサキカタバミは毒性がありません。なので、食べることができます。

アクが強いため、下茹でをしてから調理することが推奨されています。ただし、シュウ酸が含まれているため食べ過ぎるとお腹がゆるくなる恐れがあります。

シュウ酸は水溶性なので水でゆでることで抜くことができます。

要注意外来生物のムラサキカタバミの根絶方法は?

ムラサキカタバミは要注意外来生物にしていされるほど、繁殖力が強いので生えすぎでお困りの方は、除去させるか、除草剤や防草シートで根絶させます。

オススメの除草剤

オススメの防草シート

スポンサーリンク

ムラサキカタバミの概要と特徴

ムラサキカタバミ
学名:Oxalis debilis Kunth, 1822
和名:ムラサキカタバミ 紫片喰、紫酢漿草
その他の名前:キキョウカタバミ、 Violet wood-sorrel、 桔梗片喰
科名 / 属名:カタバミ科 / カタバミ属

ムラサキカタバミ(学名: Oxalis debilis Kunth, 1822)は、カタバミ科カタバミ属に属する多年草で、日本全国に分布しています。以下は、ムラサキカタバミの概要と特徴です。

外見:ムラサキカタバミは三つ葉の葉っぱとピンクや白色の花を持つ植物であり、茎は細く、高さは10〜30cm程度です。また、葉や茎には酸味があり、手で触るとアクが出ます。

生息地:ムラサキカタバミは日本全国に生息しており、日当たりの良い肥沃な土地を好むことが特徴です。また、道端や畑、空き地などに生えています。

利用:観賞用として栽培されます。

造花であれば、枯れることがなくメンテナンスフリーなので

お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか?

>>>楽天でムラサキカタバミの造花をチェックする

特徴:ムラサキカタバミの茎は細く直立し、高さは10〜30cm程度です。また、根には褐色の鱗片に包まれた鱗茎と小鱗茎が存在することが特徴です。

スポンサーリンク

ムラサキカタバミの花言葉と由来

ムラサキカタバミの花言葉は、

「輝く心」「喜び」

などあります。

「輝く心」は、古代の女性が真鍮の鏡をカタバミの葉で磨いたことから付けられたものとされています。カタバミの葉をすりつぶして鏡を磨くと、想う人の顔が鏡の中で輝くように見えたことから、「輝く心」という花言葉がつけられたとされています。

「喜び」は、花の明るさや輝き、そしてカタバミが鏡を磨くために使われたことから派生した意味を持っています。

スポンサーリンク

日本の植物分類学者の父:牧野富太郎博士とは?

牧野博士は、当時日本に生息する植物を徹底的に研究し、多くの新種の植物を発見しました。

また、その研究成果をまとめた『新日本植物図鑑』は、日本の植物学に大きな貢献をした書籍として知られています。

ぼぶたろう
ぼぶたろう

牧野富太郎博士については【槙野万太郎のモデル牧野富太郎博士の父母や妻や子供と経歴は?】をご覧ください。

また、東京で牧野富太郎博士の自宅を「我が植物園」と称して植物を植えましたが、その跡地に練馬区立牧野記念庭園があります。

ぼぶたろう
ぼぶたろう

練馬区立牧野記念庭園については
朝ドラ「らんまん」牧野富太郎博士の終焉の地!練馬区の牧野記念庭園
をご覧ください。

牧野富太郎博士の植物学をもっと知りたい方はチェック↓↓

楽天ブックス
¥1,023 (2024/06/10 16:19時点 | 楽天市場調べ)

🌸牧野富太郎博士と植物学に迫る!

スポンサーリンク

らんまん第25週ムラサキカタバミのあらすじ・概要を振り返る

神社の森の植物を守るため、国が推し進める神社合祀令をどうにか食い止めたいと考えた万太郎(神木隆之介)は、大学を辞め一植物学者として生きることを決意する。寿恵子(浜辺美波)、千歳(遠藤さくら)、百喜(松岡広大)ら家族もそんな万太郎を応援するのだった。ある日、りん(安藤玉恵)は千歳にあるお願いをする。

Yahoo!テレビ番組表より引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

熊野の森を歩く万太郎、ツチトリモチをみつけこの森はおまえの住処だったかと語り始める風景を回想しながら、森が伐採されると神さんが消えると竹雄が言ったことを思い出し、ツチトリモチの植物画を描き、寿恵子がツチトリモチの絵を見ると、万太郎が話があるといい、世の人にツチトリモチ伝えたいが、発表をするには大学の身分があると障りがあるから、大学を辞めたいという。

 

寿恵子は、千歳がおにぎりがうまいといい、うめと昆布入りのおにぎりをりんにわたす。

りんはわがままが言いかといい、千歳に差配人ついでくれないかと十徳長屋の差配人を引退。


万太郎はツチトリモチを収めた日本植物誌図譜を大学へもっていき、植物学教室の徳永教授の部屋へ入っていく万太郎。

万太郎(神木隆之介)は徳永(田中哲司)に辞表を提出。植物学教室を去る日、佑一郎(中村蒼)が大学へやってくる。翌年度から教授となるのだ。それぞれ別の道を行く万太郎と佑一郎だが、目指す場所は同じなのだと確認しあう。そして時代が明治から大正へと変わる頃、千歳(遠藤さくら)と虎鉄(濱田龍臣)が結婚。万太郎、寿恵子(浜辺美波)は二人の幸せを心から祝福する。

Yahoo!テレビ番組表より引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

小雪が降っている日、万太郎がツチトリモチを日本植物学雑誌に掲載したく執筆した事と、伐採で失われようとしている紀州熊野の神社のfloraのメモを徳永教授に渡し報告する。

徳永教授がどうしろというと、南方は暴行で収監されたといい、万太郎にはっきり禁じたという。


万太郎が胸から辞表を取り出し大変お世話になりましたと徳永教授にいうと、万太郎に徳永教授が「この雪の 消(け)残る時に いざゆかな」と上の句をいうと、万太郎が「山橘の 実の照るも見む」と下の句で返す。

年が明けると合祀令の反対運動は世間を動かし神社の森の一部は保存されることになりました。

そして、明治という時代が終わり。。。花嫁衣裳を着た千歳に口紅を塗る寿恵子は、千歳を送り出し、万太郎が描いた園子の手の絵をみつめ、園子のこともあり、ただ生きてくれ生きてくれと「千歳」と名付けるだけで精いっぱいだったというとそれが一番の贈り物だという千歳、万太郎に名付けくれてありがとうと言った後、千歳と虎鉄を中央に万太郎一家で記念写真をとる。

花嫁衣裳は質に出していなかった寿恵子。タキから寿恵子、そして千歳に継承されます。

大正12年9月1日。万太郎(神木隆之介)の図鑑はついに完成しようとしていた。万太郎は、永守がいる神戸に旅立つ準備を、寿恵子(浜辺美波)と千歳(遠藤さくら)は、いつものように昼食の準備をしていた。その時―、関東大震災が発生。火災も起き、各地で甚大な被害が出る。大畑印刷所で働く虎鉄(濱田龍臣)は、大畑(奥田瑛二)と共に消火活動に。万太郎、千鶴(本田望結)たちは持てるだけの標本をもって渋谷へと避難する。

Yahoo!テレビ番組表より引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

植物採集をしている万太郎、葉に話しかける。

大正12年(1923)9月1日

空は厚い雲に覆われ、朝から蒸し暑い一日でした。

書斎で原稿をまとめる万太郎。昼食の準備をしている寿恵子と千歳と虎太郎、地鳴りが聞こえて、そのうち地震で物が倒れ落ちてくる。

虎鉄のことが心配になる千歳、一方、神田では虎鉄が火が来ると、神田川に逃げろとさけぶ。

虎鉄が大畑に逃げるよう体を引っ張るとそれを振り払い、神田は江戸の大火での焼け残ったといい、これまで一度も焼けたことがない。神田の火事は俺たちが何度も食い止めてきたから火を消せ、町の人を助けろ、守れを掛け声を出す。


標本をもって避難する万太郎にどけといってぶつかる輩や、虎太郎の荷物を奪おうとする輩、大学は無理だという。

寿恵子は渋谷へ逃げましょうという。


万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、千歳(遠藤さくら)、千鶴(本田望結)は、ようやく渋谷までたどり着く。渋谷一帯は被害が少なく、寿恵子の店も無事だった。地震から数日後、虎鉄(濱田龍臣)、百喜(松岡広大)、大喜(木村風太)、家族みんなの無事が確認でき安堵するが、長屋は、40年かけて集めてきた標本や原稿が無残な姿となっていた。肩を落とす万太郎がふと地面に目をやるとムラサキカタバミが咲いていて…

Yahoo!テレビ番組表より引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

渋谷に到着した万太郎たち、荒谷が寿恵子を見るなり、生きていたといい、夕べはまた揺れると怖いから外にいたが、この辺は無事で火事も出ておらず、山桃も無事だったといい、おにぎりを食べるかという。
寝てしまう。

地震から4日目、百喜・大喜が山桃にきて無事だったことに安心する万太郎。

万太郎が長屋へ行く途中自警団に阻まれるが根津へ行くというと通してくれた。

長屋についた万太郎、割れたツチトリモチの石板や印刷機があることを確かめる、そこに虎鉄がやってきて、虎鉄が無事であることをよろこび、大畑の大将も無事であることも確認できた。

よく頑張ったという万太郎。でも長屋は・・と虎鉄がいうと、ちょっとでも探すという万太郎。

じょうろほととぎすの焼け残った原稿や、園子が描いた絵などを収集し、そのわきに、ムラサキカタバミが咲いており、すごい生命力だという虎鉄。株が一つでも残っていたら、すぐに子株を増やし、何があっても季節は巡り、生きて根が張っている限り花はまた咲くという万太郎。

震災からおよそ1か月。万太郎(神木隆之介)は、ムラサキカタバミの植物画を描いていた。こんな時だからこそ、たくましく咲いている植物を見て嬉しかった。その気持ちを誰かに渡したいのだと、万太郎は寿恵子(浜辺美波)に話す。寿恵子は百喜(松岡広大)と大喜(木村風太)に広い土地を探してほしいとお願いする。そして、相島(森岡龍)にもある決意を伝える。

Yahoo!テレビ番組表より引用
ぼぶたろう
ぼぶたろう

地震から約1か月たった渋谷は一変し、住む場所を失った130万人もの東京市民が市外へと移ってきました。



寿恵子は千歳、百喜、大喜、千鶴を呼んで、万太郎の原稿と標本を守るため、渋谷から離れた広い穏やかで落ち着いて仕事ができる土地を探してほしいと百喜、大喜におねがいする。大喜は資金はどうするという。

そのあと、夜に、相島とフミを山桃に呼ぶ。相島はまた座敷をはじめる祝いの宴かというと、寿恵子は最後のお座敷だといい、待合茶屋「山桃」を買い取っていただけないかという。

相島は勝手に寿恵子を町づくりの盟友だと思っていたといい、あなたの店を5万で買い取らせていただくという。

5万に驚くフミ。寿恵子はありがとう存じますと深くお辞儀をする。

後日、東京の郊外の大泉村へ行く寿恵子と万太郎。のどかでいいところで、風が気持ちいといい、寿恵子がこの辺は大泉村で、練馬大根の産地だという。

万太郎は、大根の根が地中深く入らないといけないといい、その品種にあった土なんだろうという。

そして、寿恵子がここですねといい、この土地私が買いましたといと、万太郎がびっくりする。

らんまんの予習復習はドラマガイドで❕

前編↓

後編↓レプリカなどの説明がありますよ

🌸朝ドラ「らんまん」をガイドでみよう

スポンサーリンク

まとめ

今回は、牧野富太郎が愛したムラサキカタバミの花言葉「輝く心」「喜び」について、その由来と意味に迫ってきました。

らんまん第25週の週タイトル「ムラサキカタバミ」のあらすじ・概要も併せてお知らせしました。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
大泉学園
スポンサーリンク
ぼぶたろう流儀